雪1000t使いホワイトデータセンターの実証実験-美唄で9月から

2015年07月30日 19時29分

 雪冷熱エネルギーをサーバー冷却などに活用する、ホワイトデータセンター(WDC)構想を進める雪屋媚山商店や美唄市など7者は、同市の1カ月分の排雪量に当たる1000㌧の雪を使って9月下旬から冷房効果に関する実証実験に取り組む。センターから生み出される廃熱も植物工場や養殖施設での再利用を考えており、これらを備える実験用施設建設にも着手する見通しだ。

 同構想には、雪屋媚山商店、共同通信デジタル、データホテル、環境技術センター、ズコーシャ、室工大、美唄市が参加。除排雪を集めて貯蔵した雪山による高効率熱供給システムの共同研究を進めている。

 2014年7月に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の再生可能エネルギー熱利用技術開発事業の委託先として選定された。雪冷熱によるWDC冷房システムを確立するだけではなく、センター廃熱を植物栽培や魚介類の養殖へ利用することも計画。市内で除排雪された雪を用いるため、不要な雪の有効活用策としても期待されている。

 総事業費は3億円。14年度は約3000万円を充て、小規模実験施設整備や次年度に備えた検討会議などを展開した。

 2年目となる15年度は、雪屋媚山商店が施主となり、実験用センターを整備。施工をピーエス三菱に依頼した。規模はS造、平屋、延べ120m²で、サーバー20ラックを配置する。設計は久米設計が担当。事業費は約1億3000万円を見込む。

 施設完成後、10月下旬まで冷房効果を検証。さらに、外気による効果も確かめ、12月には暖房廃熱を回収する実験を進める。年明けから雪解けまでは除排雪3000㌧を集め、次年度に備える。

 また、植物工場と養殖施設についても、生育に適切な温度を保てるかどうかなど、年度内に実験を実施する予定となっている。


関連キーワード: データセンター 企業 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,314)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,240)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,649)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,451)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (1,931)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。