札幌市の平均落札率が軒並み低下-土木の積算基準改定など影響

2015年08月04日 19時28分

 札幌市の市長部局、交通局、水道局、病院局の2015年度第1四半期(4―6月)落札動向がまとまった。土木の積算基準改定による最低制限価格低下などの影響を受け、ほぼ全ての工種・業種で平均落札率が低下している。

 4日開催の入札・契約等審議委員会(委員長・蟹江俊仁北大大学院教授)で示したもの。

 平均落札率を見ると、工事は上昇傾向にあった落札率が、90.08%と減少に転じた。工種・等級別では、舗装B、電気C、管B、その他で前年同期を上回ったものの、そのほかは14年度同期に発注がなかった工種・業種を除く全てで落ち込みを見せている。同局では、土木の積算基準改定による影響のほか、建築などの営繕系で競争性が高まっていることを要因に挙げる。

 委託は増減があるものの、落札率75.30%で前年度同期との比較では1.42ポイント下回った。

 特に下水道では、くじ引き発生率が前年度同期の18.5%から22.3ポイント増の40.8%となり競争性が高まっているとみられ、落札率も1.47ポイント減と工事では最大の減少幅を示している。

 このほかのくじ引き発生率は土木、造園、建築、電気、管で上昇。委託では、設計が1ポイント減の81.5%となったほかは、測量が90.2%で3.1ポイント増、地質調査が100%で11.1ポイント増、全体で2.8ポイント増の86.7%に上る。

 工事件数全体では、前年度同期比67件減、21億1200万円減の653件、472億4800万円という状況。入札方式別では、15年度春に2種類増やした総合評価方式の契約額が唯一前年同期を23億3600万円上回り、57件、58億1700万円となっている。

 一方、委託では随意契約が大きく減少。うち見積もり合わせが38件減、1億7800万円減の121件、4億5900万円だった。この要因には、見積もり合わせの対象となる100万円未満の建築設計が少なかったこと、例年実施している支障物件調査が積算基準改正で100万円を超えたことがある。

 工事の入札参加者数は全工種で増え、平均3・2社増の13・0社。同局は13、14年度の人材不足がやや緩和してきたとみている。委託も全業種で増加し、地質調査で41・3社もの業者が集中している状況は変わらない。

 また、成績重視型で工種と等級が同じ5年型と2年型から1件ずつを抽出し比較したところ、5年型では参加資格を有する25社のうち12社、2年型では20社のうち17社がそれぞれ参加。特に2年型の参加率が高く、インセンティブが機能している傾向がうかがえる結果となった。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,986)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,715)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,582)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,994)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,934)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。