札幌市が南部高等支援学校新築主体をWTOで9月中旬公告へ

2015年08月17日 18時52分

 札幌市は、仮称・南部高等支援学校新築主体をWTO対象案件の一般競争入札とする方針を固めた。9月中旬の公告に向けて準備を進める。2014―15年度のWTO対象基準額は、建設工事が20億2000万円以上。同校の主体工事費はこの基準前後になることが見込まれていたが、10月末までを期間とする実施設計の中で、予定価格がこの基準額を超える見通しとなった。

 実施設計は基本設計を公募型プロポーザルで受注した日本都市設計が、引き続き随意契約で担当している。

 南部高等支援学校は、南区真駒内上町4丁目の旧真駒内小跡地に整備する。小学校の旧施設は、三博建設・常磐工業共同体が10月9日までの工期で解体中。

 新設する南部高等支援学校は、校舎棟がRC造、3階、延べ7950m²で屋体はSRC造、平屋、延べ1258m²の規模で計画している。

 地域に開かれた学校をコンセプトの一つに据え、生徒の手によるパン製造や喫茶店運営などを展開する方針。

 17年4月の開校を目指し、現在は10月までに校名を固めるなど、さまざまな準備を進めている。

 主体以外の暖房、衛生、エレベーターは16年2月中旬ごろ、強電、弱電は同3月上旬の入札を目指している。強電を総合評価実績Ⅰ型で予定しているほかは、全て制限付き一般競争で発注する見通し。基本設計終了段階で、概算総事業費は約35億円と試算している。


関連キーワード: さっぽろ圏 学校 市町村行政 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • web企画
  • 日本仮設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,093)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,470)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,234)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,880)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,240)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。