室蘭港フェリーターミナルビルが改修へ-18年の宮古便就航に向け

2015年08月25日 19時14分

 室蘭市は、2018年春に予定している岩手県宮古市へのフェリー航路就航に向け、室蘭港フェリーターミナルビルの改修方法を15年度中に検討する。ビルは約7年にわたり使われていない状態で老朽化が著しいことから、屋上、外壁、各種設備を診断し、改修の必要性や費用などを調査。工事が必要と判明すれば、16年度設計、17年度施工という流れを描いている。

 現施設は1994年度に完成。当時航路を運行していた東日本フェリーが整備した施設で、規模はS造、3階、延べ3728m²。室蘭港から国内各港への船の玄関口として活躍したが、08年度に最後まで残った青森航路が廃止になった。

 その後、ターミナルビルは別会社が管理していたものの、再活用は難航。その後11年度に市が無償で引き継いだが、イベントで一時的に活用する程度にとどまり、ほとんど使われていない状態が続いている。維持費の負担は市の悩みの種にもなっていた。

 ところがことし3月に川崎近海汽船が、18年春に岩手県宮古港との航路を開設する方針を発表。本来の用途として再活用を図るため、市は屋上、外壁、各種設備などの診断や、改修費用を調査するための経費1296万円を、15年度3定補正案に盛り込んだ。可決後速やかに発注し、年度内に終える意向。

 詳しいスケジュールは調査の中で固めるが、航路開設に向けそれまでに設計、工事を進める。市は「雨漏りが発生しているほか、配管、電気関連などの老朽化が著しい。川崎近海汽船側からエスカレーター設置などの要望もあるため、大規模な内容になるのでは」と話している。


関連キーワード: 市町村行政 港湾 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (3,619)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,064)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,820)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,755)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。