土木遺産に道内から2カ所-茨戸川護岸と神居古潭トンネル群

2015年09月14日 19時28分

 土木学会(広瀬典昭会長)は14日、2015年度の選奨土木遺産を決定した。道内からは石狩市茨戸川の岡崎式単床ブロック護岸と旭川市旧函館本線の神居古潭トンネル群が選ばれた。北海道支部が11月18日午後3時半から札幌ガーデンパレスで認定書授賞式を開く。(写真は偉人の業績が認められた石狩市茨戸川の岡崎式単床ブロック護岸)

 11月18日の「土木の日」を記念する企画。顕彰を通じて歴史的な価値や役割をPRし、地域づくりに活用している。

 土木学会選奨土木遺産選考委員会(小林一郎委員長)が国内外から公募した近代土木遺産の候補を審査し、国内7支部から21カ所を選出した。2000年度の創設以来、道内での認定はこれで36カ所目となる。

 茨戸川の岡崎式単床ブロック護岸は、1917(大正6)年に竣工した。岡崎文吉が考案・敷設。その技術は北海道開発に貢献し、さらには海外にも継承され、国内に普及している連節護岸の礎となる施設となっている。

 一方の神居古潭トンネル群は、北海道官設鉄道として建設。わが国有数の膨張性岩盤地帯に挑み、路線改良を重ねながら道内幹線鉄道輸送を支えた施設群として知られる。1897(明治30)年に竣工し、1928(昭和3)年に全体が完成した。

 認定書授与式では、両施設を管理する2市に賞碑として青銅製の銘板が贈呈される。


関連キーワード: トンネル 土木 治水

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,185)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,388)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,169)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (1,888)
札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (1,647)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。