モデル11人に拍手喝采-建青会が大会で作業着ファッションショー

2015年09月18日 19時28分

 第30回北海道建青会全道大会を記念し、建設ユニフォームのファッションショーが開かれた。モデルの建青会メンバーが建設業のイメージを刷新する個性的で斬新なデザインを披露し、観客から拍手喝采を浴びた。(ファッションショーの様子はe-kensinで後日、動画配信します)

 全道大会の節目を記念し、北海道建青会と北海道ドレスメーカー学院(札幌)が共催する「ドレメコンペティション」として企画。同学院のコンテストで73点から優秀作品を決め、提案した女子学生11人が6月下旬から制作を進めてきた。

 モデルは建青会を構成する11の地方組織から各1人を選抜。学生が思いを込めて制作したファッショナブルな作業着にふさわしいさわやかな青年ばかり。

 モデルは一人一人が特設ステージを歩き、デザイン性や着心地をアピールした。それぞれにテーマがあり、現場を軽やかに動き回れるスポーティーな作業着やカジュアル性豊かなデザイン、機能性を意識したもの、シックな大人の雰囲気が漂う制服調の作業着などが勢ぞろいした。

 観客席からはモデルが登場するたびに歓声や声援が飛び交った。メンバーの堂々としたモデルぶりと、次代を担う若き経営者が新たな建設業の世界観を試みるチャレンジ精神に関係者は顔をほころばせた。

 作業着はいずれも、学生たちが授業の課題と掛け持ちしながら、放課後や夏休みを利用して縫い上げた。厳しいスケジュールだったが、期日までに引き渡した。

 五十嵐龍会長は「びっくりするほどクォリティーが高い。学生の一生懸命さに応える活動をしていきたいと感じた。一人でも多くの若者が建設業に興味を持って建設業が良い仕事だと伝えたい」と力を込めた。

 投票による審査の結果、最優秀作品とベストパフォーマンスのモデル1人が選ばれた。懇親会の席上で表彰し、来場できなかった学生には後日、同学院で賞状を授与する。


関連キーワード: 安全衛生

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (24,135)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,104)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,701)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,465)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,333)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。