苫小牧市の勇払橋架け換えが安平川改修で現実味

2015年11月05日 19時17分

 長年にわたり地元が要望してきた、苫小牧市道東部南通線の勇払橋架け換えが、現実味を帯びてきている。室蘭建管が進める安平川改修に伴うもので、建管では苫小牧市との本格的な協議開始を考えているほか、市も建管からのアクションを待って調査などに入る構え。具体的な着手時期などは今後固める状況にある。

 東部南通線は旧国道235号で、市に移管された路線。勇払橋は、道道苫小牧環状線との交差点から近い、安平川河口部に架かっている。橋長85・7m、全幅8・7mのコンクリート橋で、下部は橋台2基、橋脚5基で構成する。

 完成が1953年と老朽化していることから、2013年度には安平川改修に伴う将来的な架け換えまで維持できるよう、伸縮継ぎ手補修、落橋防止装置新設など長寿命化工事を施した。

 一方、安平川改修では14年11月、同橋周辺を含む下流域の整備で柱となる、河道内調整地面積約950haの形状が決定。

 河道内調整地は、周辺の地形を活用し高さの低い周囲堤で囲んで整備する。勇払橋一帯の堤間は350m程度と見込まれ、架け換えに当たってはこれに合わせた橋長を確保する必要がある。

 室蘭建管によると、築堤に関する設計は16年度以降を予定。その前段として、苫小牧市と橋梁の形状について協議に入る意向だ。


関連キーワード: 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,820)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,214)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (2,004)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,323)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,083)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。