苫小牧市の勇払橋架け換えが安平川改修で現実味

2015年11月05日 19時17分

 長年にわたり地元が要望してきた、苫小牧市道東部南通線の勇払橋架け換えが、現実味を帯びてきている。室蘭建管が進める安平川改修に伴うもので、建管では苫小牧市との本格的な協議開始を考えているほか、市も建管からのアクションを待って調査などに入る構え。具体的な着手時期などは今後固める状況にある。

 東部南通線は旧国道235号で、市に移管された路線。勇払橋は、道道苫小牧環状線との交差点から近い、安平川河口部に架かっている。橋長85・7m、全幅8・7mのコンクリート橋で、下部は橋台2基、橋脚5基で構成する。

 完成が1953年と老朽化していることから、2013年度には安平川改修に伴う将来的な架け換えまで維持できるよう、伸縮継ぎ手補修、落橋防止装置新設など長寿命化工事を施した。

 一方、安平川改修では14年11月、同橋周辺を含む下流域の整備で柱となる、河道内調整地面積約950haの形状が決定。

 河道内調整地は、周辺の地形を活用し高さの低い周囲堤で囲んで整備する。勇払橋一帯の堤間は350m程度と見込まれ、架け換えに当たってはこれに合わせた橋長を確保する必要がある。

 室蘭建管によると、築堤に関する設計は16年度以降を予定。その前段として、苫小牧市と橋梁の形状について協議に入る意向だ。


関連キーワード: 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 東宏
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,958)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,661)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,065)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,684)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,463)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。