京阪電鉄不動産が札幌・琴似に分譲マンション2棟98戸建設へ

2015年11月13日 19時22分

 京阪電鉄不動産(本社・大阪)は、分譲マンションを2棟新築する仮称・札幌市西区琴似1条2丁目計画を構想している。設計はCANNA建築設計。2016年3月末ごろの着工を予定している。

 計画によると、2棟ともRC造、15階建てで、延べ3808m²、住戸数42戸と、延べ3189m²、住戸数56戸のマンションを建てる構想だ。

 建設地は桑園発寒通沿いの札幌市西区琴似1条2丁目31の4ほか。琴似駅前郵便局や商業店舗などが近く、JR琴似駅へのアクセスも良い。完成時期は17年10月か11月の見込み。

 同社による札幌市内での分譲マンション開発は、現在建設中の東区北19条東1丁目、中央区南1条西7丁目、同北5条西27丁目に次いで今回の物件が4棟目、5棟目となる。


関連キーワード: マンション 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 東宏
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,530)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,334)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (2,066)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,894)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,252)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。