16年度の鉄骨加工は「高稼働」-大型プロジェクト始動で

2015年12月04日 19時36分

 2016年の道内鉄骨加工業は、札幌市都心の再開発・創世1・1・1区、北海道電力の火力発電所、帯広の厚生病院など鋼材量で5000㌧規模を超える案件が複数動きだし、上半期を中心に高い稼働が続く見通しだ。鋼材関係者の多くは「見えているプロジェクトをこなすだけで、道内のファブリケーターは大手を中心にかなり忙しい状況になる」と予測する。

 15年は公共工事量が減少し、民間プロジェクトも大型案件が少ない端境に入った。日本鉄鋼連盟がまとめている普通鋼材の地域別受注高によると、道内の15年度の鋼材受注高は52万4000㌧で、前年度同期を14.3%下回る。

 ただ道内の鉄骨加工業者は札幌市を中心に13年から続く一定規模の再開発案件や建築プロジェクトがあるため、その調整で前半はフル稼働が続いた。首都圏の再開発案件などが採算の合う形で道内に流れてきているため、大手を中心にこれらの受注比率を高めたことも高稼働に拍車を掛けている。

 秋口以降は積雪期を迎える季節的要因もあり稼働は落ち着きを取り戻したが、鉄鋼関係者は「1月にかけ稼働は底を迎えるが、来年は大型案件が見えていて高稼働が予想され焦りはない」(鉄鋼メーカー関係者)と話す。

 大型物件の鉄骨計算を担う札幌共同積算事務所によると、15年1―11月の積算量累計は10万5000㌧で前年度を22%下回る。ただ「16年は5000㌧から3万㌧弱の大型物件が見えていて、後半にかけて積算数量も回復傾向」と説明する。

 15年後半からは、TPP対策関連で道東を中心に牛舎など農業整備の需要が表面化。首都圏の再開発も東京五輪に向け本格稼働し道内への加工依頼が増加する見通しで「ファブは来年も高稼働が続く」と予測する。ゼネコン側には高稼働を見込み、予約など囲い込む動きも目立ち、加工費は適正水準へ改善傾向という。

 懸念材料は回復に停滞感のある道内経済。「公共工事の減少幅が大きく道内経済への影響は大きい。中小企業の設備投資が停滞傾向にあるのも気掛かりだ」と関係者。2000m²級の中小規模案件も見えておらず大手、中小ファブで「高稼働が二極化する可能性もある」とみる声もある。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,154)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,128)
大手ゼネコン4社21年3月期決算 全社減収減益...
2021年05月19日 (1,492)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1,198)
全社減収も鹿島は増益 大手ゼネコン4社の21年3月...
2021年02月17日 (1,049)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 分譲マンション
老朽化の行方
new

札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。