ゼロ国債は農業中心に893億円-道開発事業費15年度補正案

2015年12月18日 19時36分

 国土交通省北海道局は18日、2015年度補正予算案に盛り込んだ北海道開発事業費を公表した。農業農村整備を中心に818億円を追加計上。直轄・補助別の事業費は予算成立後に明らかになるが、現時点で直轄500億円程度、補助600億円台が見込まれ、総額は1100億円規模になりそうだ。ゼロ国債は事業費893億円を措置。大半が開発局実施分となる。

 15年度補正予算は14年度(168億円)の5倍近くに膨らみ、13年度(926億円)以来の規模となった。

 国費の事業別内訳は、農業農村整備に全体の7割を占める587億円を配分した。環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意を受けた農業対策の一環で農林水産省は、農地の大区画化など生産基盤の強化を図るため土地改良費990億円を計上。全国の半分以上が開発事業費に振り向けられ、農家の経営面積が大きい本道に対策費が重点配分された格好だ。

 このほか、防災対策として治水に81億円、水産物の供給力強化やロシア水域でのサケ・マス流し網漁禁止対策に関連して水産基盤整備に49億円など、喫緊の対策が必要な分野に重点化している。

 事業費ベースのゼロ国債は、過去10年間で14年度(1002億円)に次ぐ2番目の規模となった。

 追加補正のうち開発局実施分は治水、道路、港湾がほぼ全額、農業が300億円超、水産が約20億円程度の見込み。補助は、道営農業農村整備が400億円台後半に達するとみられる。

 政府は、1月4日召集の通常国会に予算案を提出し、月内の成立を目指す。補正予算関連工事は、成立後に各発注機関が発注見通しを公表し、発注手続きを開始するスケジュールが想定される。


関連キーワード: 国交省

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

みずほ銀が函館支店を閉鎖へ 札幌支店と統合
2022年05月09日 (13,983)
国道276号千歳市美笛で岩盤崩壊、通行止め
2022年04月20日 (12,215)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,086)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,514)
旭川東神楽道路新設5.5km完成 旭川建管
2022年03月28日 (2,287)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第231回「運動不足の危険性」。将来の死亡リスクが高まります。運動を習慣化するよう心掛けを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第20回「いつもの小掃除」。一人一人に合った方法を見つけるのがストレスフリーな掃除の第一歩です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第19回「気になる販売員の対応」会社や商品を愛している従業員による接客で、顧客満足度の向上を。

連載 掘削が拓く未来
日本初の専門学校

掘削が拓く未来 日本初の専門学校
白糠町内の同校で指導に当たる3人の講師の意気込みを紹介する。