開発局の補正で16年度繰越は300億円-3分の2が農業

2016年02月04日 19時22分

 北海道開発局の2015年度補正予算のうち、16年度に繰り越す額は300億円程度に上る見込みだ。このうち3分の2を農業農村整備が占める。これにより、3930億円余りの16年度予算に8%程度が上乗せされることになる。

 発注見通しから集計した。15年度追加補正予算の開発局実施分は、農業農村が340億円と全体の約7割を占めたほか、治水81億円、道路43億円、水産21億円、港湾5億円など事業費の総額は493億円に上る。開建別で見ると札幌120億円、釧路115億円、旭川94億円、稚内40億円、函館32億円、帯広28億円、網走22億円、留萌16億円、小樽15億円、室蘭7億円となっている。

 農業農村は札幌、旭川、釧路、稚内などで農地の大区画化を進める。河川は道内に13ある1級水系全てで、堤防の天端保護や破堤を防ぐ対策工を施す。このほか設計ストック確保のため、農業農村を中心に32億円の測量・設計費を計上した。

 各開建は年度内に契約する翌債を公表。65件で約190億円に上っている。残る約300億円は明許繰り越しとし、4月以降に契約する考えだ。

 明許繰り越しの発注件数は工事150件程度、委託業務100件程度の見通し。繰越額は、農業農村が約200億円で全体の3分の2を占めるとみられる。

 開発局の15年度補正予算はゼロ国債が848億円、翌債が190億円。ゼロ国債は例年、全額執行されないが、3月末までの発注額は800億円規模になり、前年度を大きく上回る。


関連キーワード: 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,532)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,336)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (2,068)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,895)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,252)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。