釧路建管が野付崎海岸浸食対策を増強-被害続き消波堤は倍に

2016年02月12日 19時18分

 釧路建管は標津、別海両町内で進めている野付崎海岸海岸浸食対策の事業計画を変更した。事業期間内に低気圧や台風による浸食被害をたびたび受けたため、防護延長を広げて消波堤整備を倍の4㌔にするなど見直した。事業期間は2028年度までに延長。総事業費は102億円に増やした。今後はモニタリング調査の結果に基づき、浸食被害が著しい箇所を優先的に整備する方針だ。

 根室沿岸の中間に位置する同海岸は国内最大の砂嘴(さし)地形。背後の湿原を含め、海岸域の多様な生態系や景観など良好な自然環境を有している。さらに、ホタテやホッカイシマエビなど漁業や観光などの場としても重要な役割を担っている。

 1998年の台風5号による浸水被害や01年の低気圧に伴う海岸決壊により、砂浜の浸食や植生の減少が進んだことから、同建管は02年度、海岸浸食対策に着手した。防護延長1万2705mのうち突堤32基、消波堤2138mの整備に総事業費49億円を投じる計画で、15年度末までに突堤26基、消波堤1388mの整備を終える。

 しかし、06、09年の波浪により浸食が進み、13年には越波による漁業関連施設や道路の浸水被害が発生したため、計画の見直しに迫られた。14年度からモニタリング調査を進めた。

 これを踏まえ、防護延長を砂嘴地形の外海側全域にわたる2万1130mに広げ、突堤38基、消波堤4013mに変更した。工事費は突堤45億1000万円、消波堤43億200万円で、このほか測量設計費に13億7500万円、用地補償費に1300万円を見込んでいる。

 25年度までに突堤12基、28年度までに消波堤2625mを整備する計画だ。


関連キーワード: 土木 治水

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,578)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,774)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,342)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,235)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,126)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 盛り上がれ
ワーケーションnew
函館市の事例から

盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~
函館市で加速するワーケーションの動き。継続的なものにするため企業双方に求められる条件を探る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。