洞爺公園洞爺線の東湖畔トンネル本体が4月中旬にも公告

2016年03月11日 19時15分

 室蘭建管は、有珠山噴火災害に備えた洞爺公園洞爺線の新ルートで建設する延長約460mの仮称・東湖畔トンネル本体工事を、4月中旬にも公告する意向だ。入札は7月を予定し、3定道議会での請負承認を経て2カ年事業による着工を目指す。2016年度は、先行整備している滝之町伊達線でも1号橋の着工を計画。災害に強い地域づくりを支える2路線、計5・8㌔の19年度完成に向け進ちょくを図る。

 洞爺公園洞爺線は洞爺湖畔沿いに壮瞥町と洞爺湖町を、滝之町伊達線は壮瞥町と伊達市を連絡するが、一部区間が有珠山噴火のハザードマップにおいて想定される火砕サージ(火山ガスが砂嵐のように押し寄せる現象)の到達予想範囲に含まれている。

 2000年噴火では長期間、広範囲にわたり交通が規制され、住民生活や物流、観光に大きな影響を及ぼしたことを教訓に、同建管は2路線の整備を計画。噴火災害時の避難路を確保するほか、復旧・復興などにおける人流・物流のネットワーク強化を目的として、10年度に事業化した。

 両路線とも火砕サージの到達予想範囲の外側を経由する迂回ルートを設定。洞爺公園洞爺線は壮瞥町内の滝之町から洞爺湖東湖畔に至る1・6㌔、滝之町伊達線は壮瞥町立香から伊達市志門気町まで4・2㌔のバイパスを新設し、壮瞥町道を介して両区間をつなぐルートを形成する。事業費は洞爺公園洞爺線が32億4000万円、滝之町伊達線が22億5000万円の合わせて54億9000万円を見込む。

 区間中の構造物として、洞爺公園洞爺線では延長463mの仮称・東湖畔トンネル、滝之町伊達線では壮瞥側から橋長47mの1号橋、44mの2号橋、22mの3号橋のほか、5基のボックスカルバートを配置。トンネルなどの掘削土砂を、橋梁・ボックス間の盛り土に活用する。幅員は、トンネル部が車道5・5m、両側に0・5mの路肩と0・75mの監査歩廊、一般部が車道5・5m、両側に路肩1・25mの構成となる。

 また、洞爺公園洞爺線が接続する453号でも約0・58㌔区間にわたる関連整備を、開発局に委託し実施する予定だ。

 工事は滝之町伊達線から先行。14年度に立香地区でボックスカルバート2基、15年度も引き続き1基を完成させたほか、洞爺公園洞爺線でも一部取り付け部分の整備に取り掛かった。

 16年度は、いよいよメーン構造物のトンネルに着工。17年度に本体完成、18年度に照明や防災設備設置、舗装を施し、前後区間を含め洞爺公園洞爺線の完了を、滝之町伊達線でも残る構造物や土工部の整備を進め、19年度の全線完成を目指す。1号橋については、設計を詰めている段階だ。


関連キーワード: トンネル 土木

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • イイファス
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,059)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,984)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,508)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,450)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,325)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。