新幹線開業に万感の思い-鉄道公団青函建設局OB会が解散

2016年04月01日 20時06分

 北海道新幹線の開業を、万感の思いで迎えた男たちがいた―。青函トンネル建設に携わった、日本鉄道建設公団青函建設局のOB会。メンバーの高齢化が進んだこともあり、開業後の3月29日にロワジールホテル函館で開いた祝賀会をもって解散した。「世界一の海底トンネルを掘って新幹線を走らせよう」という彼らの思いは半世紀を経てようやく実現しただけでなく、今後の札幌延伸をも強く後押ししている。

 全長54㌔の青函トンネルは、1954年の海難事故をきっけに構想が具体化し、64年に着工。当初の建設期間は10年だったが海底下の掘削は困難を極め、24年後の88年に開通した。作業員は延べ1400万人に達したという。

 「使命を果たせ、仲間と喜びを分かち合うことができてうれしい」。75年に吉岡作業坑での異常出水を体験するなど、数々の困難を乗り越えてきたOB会事務局長の佐々木幹夫さん(68歳)は、祝賀会でそう話した。

 3交代の現場で交代長を経験した先山友康さん(72歳)は「軌道に乗るまでは10年かかった。その後10年は面白いように進んだ」と説明。新幹線開業については「時速200㌔以上で走らなくては。まだ中締めの段階」と今後に期待した。

 「青函トンネルを掘るというパワーはすさまじかった」と話す函館出身の笹谷清勝さん(67歳)は、新幹線での里帰りを楽しみにしている。

 先進導坑を掘る基地づくり、先進導坑の貫通、津軽海峡線開業という節目に携わった竹内洋司さん(66歳)は、「四十数年にわたる人脈が僕の全て」と目を潤ませ、福島町の青函トンネル記念館でガイドを務める花田順一さん(86歳)は「楽しかったし、充実していた」と当時を懐かしんだ。

 最後の青函建設局長となった佐藤嘉晃さん(79歳)は「新幹線規格で造ったトンネルだったが、正直なところ本当に来るのかなという気持ちだった。開業を見ることができてうれしい」と満面の笑み。

 鉄道・運輸機構の松橋貞雄理事は「先進導坑の貫通式は一番の思い出。その後、2005年からようやく新幹線工事が始まり、11年で開業に至った」とこれまでの歩みに思いをはせつつ、「引き続き函館までの高速化を図るとともに、札幌への延伸も確実に進める」と先を見据えていた。


関連キーワード: 新幹線

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 日本仮設
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,607)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,258)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,859)
名寄市 王子マテリア名寄工場の事業継続要請
2019年10月16日 (1,626)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,543)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。