開業1カ月の新函館北斗駅-駅前商業用地への関心が急上昇

2016年04月28日 19時20分

 北海道新幹線の開業から1カ月が経過した。利用者数は在来線に比べて倍増。観光スポットなどはにぎわい、開業効果が見えつつある。サクラが見頃を迎え、本道にも本格的な観光シーズンが到来し、さらなる交流人口の拡大が予想される中、新函館北斗駅前の商業用地への関心も、開業前に比べて高まっている。(写真は停車中の新幹線車両を見学する市民ら)

 JR北海道によると、新青森―新函館北斗間の1カ月の利用者は17万3600人で、1日当たりの平均は5600人。乗車率は27%にとどまるものの、在来線時代の前年実績比2倍と順調に推移している。

 新函館北斗駅は、1カ月がたった今も、利用客に加え、物珍しさもあって地域住民らが集まる。1階に入るアンテナショップも盛況で、「想定の2倍以上の売り上げ」(スタッフ)という状況。駅の観光スポット化は当面続きそうだ。

 駅隣接の市営駐車場を当面無料としたことで、新幹線の利用以外で同駅を訪れるケースは少なくない。ここを拠点に在来線特急、または都市間バスに乗車し、札幌へ向かう姿も多く見られるようになり、思わぬ集客になっている。

 こうしたにぎわいの一端で、駅前商業用地5・3haへの企業誘致にも動きが出てきた。担当する北斗市水産商工労働課によれば「開業前より問い合わせは増え、視察する企業も出ている」そうで、具体化には至っていないものの「前進している」と手応えを感じている様子。

 観光都市の函館市内に目を向けると、函館山ロープウェイや五稜郭タワーの利用者は前年比1―3割増、宿泊施設の予約も夏まで好調だ。函館ホテル旅館協同組合の遠藤浩司理事長は「大型連休は例年、道内客が8割、道外客が2割だったが、道外6割、道内4割ほど」と新幹線効果が見受けられる。

 一方で、課題も見えてきた。在来線への乗り継ぎの不便さだ。函館市の工藤寿樹市長は25日の定例会見で、オフシーズンの平日の利用率とともに課題に挙げ、ICカード導入の必要性を強調。「JRに検討を要請したい」と話した。

 函館商工会議所の永沢大樹さんは「乗り継ぎのストレスをなくすことが必要。新幹線開業で函館駅から青森駅への平均時間が11分遅くなった」と指摘。両地域の経済交流を活発化する上でも、待ち時間短縮などダイヤの微調整を求めている。

 開業効果をより実感できるようになるのは大型連休から。6、7月の団体予約は、例年以上のペースで推移しているという。

 雪や風に強く、定時性の高さが魅力である新幹線は、通年観光を促進する有効な移動ツールとして期待を集めている。


関連キーワード: 新幹線 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • web企画
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,054)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,996)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,514)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,442)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,336)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。