建築士事務所の減少続く-15年度末で58者減の4545者

2016年06月16日 19時17分

 2015年度末の道内建築士事務所登録数は、1級と2級、木造を合わせて4545者だった。前年度末に比べて58者の減少。登録抹消数は減ったが、登録数の減少がそれを上回り、減少幅は若干拡大した。ただ、中期的に見ると減少幅は12年度末から鈍化していて、北海道建築士事務所協会は「底を打ちつつある」とみている。渡島とオホーツクの2管内で増加した。

 道建設部建築指導課と同協会が集計した。資格別の登録数は、1級が34者減の2766者、2級が23者減の1762者、木造が1者減の17者だった。資格ごとに法人、個人別を見ると、木造の個人を除く全てで減少した。

 新規224者(17者減)、更新638者(5者減)で登録数は計862者(22者減)。未更新は74者(47者増)、廃業は208者(5者減)、取り消しはゼロ(増減なし)で、登録抹消数は計282者(8者減)となっている。

 総合局・振興局管内別の登録状況を見ると、渡島とオホーツクが各1者増えた。一方で7管内が減少。石狩は、2級が6者増えたが、1級がそれを上回る20者減となり、最も多い14者の減少となった。胆振は12者減で、1級と2級が各6者減少した。日高、桧山、留萌、宗谷、根室の5管内は増減なしだった。

 総合局・振興局管内別の登録数は次の通り。(①1級②2級③木造)

 ▽石狩①1627②651③3▽空知①99②107③1▽後志①56②83▽胆振①130②117③3▽日高①20②30③1▽渡島①169②152▽桧山①4②28▽上川①234②168③1▽留萌①11②16③1▽宗谷①14②15③4▽オホーツク①119②137③2▽十勝①149②147▽釧路①109②82▽根室①25②29③1


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (4,013)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,682)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,098)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,716)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,482)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。