剣淵町が道央道にパーキングエリア新設を計画-将来はスマートICも

2016年07月06日 19時15分

 剣淵町は、仮称・剣淵パーキングエリア(PA)の新設と道の駅「絵本の里けんぶち」のハイウェイオアシス化を計画している。国土交通省の支援を受けながら早期実現を目指し、将来的にはスマートICも整備したい考え。今後、旭川開建や東日本高速道路といった関係機関と協議を進め、事業内容を詰めていく。

 国交省は2015年、高速道路の休憩施設を活用した観光振興や地域活性化のため、地方自治体から取り組み案を募集。6月に剣淵町、深川市を含む全国23市町村の提案に対して支援をしていくことを決めた。

 町の提案では、道の駅東側を走る道央自動車道にPAを上下線それぞれに新設。既存の道の駅駐車場南側に高速道路利用者専用の駐車場を設置し、PAと道路で接続する。PAの新設用地は東日本高速道路が確保しているが、今後の協議次第では場所が変更となる可能性もある。

 道の駅は国道40号沿いに位置し、レストランや農産物の直売所、子どもの遊び場などを備え、6100m²の駐車場を有している。外国人観光客の増加により年々利用者数は増加し、13年度には利用者は年間52万人を超えた。

 町は、今回の提案実現により高速道路利用者の取り込みを狙うとともに、道の駅拡張も視野に入れている。


関連キーワード: 土木

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,274)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,637)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (2,521)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,215)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,889)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。