剣淵町が道央道にパーキングエリア新設を計画-将来はスマートICも

2016年07月06日 19時15分

 剣淵町は、仮称・剣淵パーキングエリア(PA)の新設と道の駅「絵本の里けんぶち」のハイウェイオアシス化を計画している。国土交通省の支援を受けながら早期実現を目指し、将来的にはスマートICも整備したい考え。今後、旭川開建や東日本高速道路といった関係機関と協議を進め、事業内容を詰めていく。

 国交省は2015年、高速道路の休憩施設を活用した観光振興や地域活性化のため、地方自治体から取り組み案を募集。6月に剣淵町、深川市を含む全国23市町村の提案に対して支援をしていくことを決めた。

 町の提案では、道の駅東側を走る道央自動車道にPAを上下線それぞれに新設。既存の道の駅駐車場南側に高速道路利用者専用の駐車場を設置し、PAと道路で接続する。PAの新設用地は東日本高速道路が確保しているが、今後の協議次第では場所が変更となる可能性もある。

 道の駅は国道40号沿いに位置し、レストランや農産物の直売所、子どもの遊び場などを備え、6100m²の駐車場を有している。外国人観光客の増加により年々利用者数は増加し、13年度には利用者は年間52万人を超えた。

 町は、今回の提案実現により高速道路利用者の取り込みを狙うとともに、道の駅拡張も視野に入れている。


関連キーワード: 土木

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,820)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,214)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (2,004)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,323)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,083)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。