苫小牧市が緑ケ丘公園サッカー・ラグビー場を人工芝に-17年度着工

2016年07月19日 19時15分

 苫小牧市は、清水町3丁目にある緑ケ丘公園サッカー場・ラグビー場の人工芝化について、2017年度の着工、18年度の供用開始を検討している。人工芝化を契機に、サッカーでも合宿誘致につなげる狙いもある。16年度は庁内で設計を進める。

 同施設ではサッカー場とラグビー場が並ぶ形で配置されている。ともに敷地面積は1万9000m²で、天然芝のコートが1面ずつ。大会数などが多いサッカーでは、ラグビー場を使用する頻度も高い。

 現状では芝の養生で使えない期間があることから、苫小牧地区サッカー協会、苫小牧市ラグビーフットボール協会などの要望を踏まえて人工芝化に取り組む。

 計画ではラグビー場を現状のままとし、サッカー場部分で人工芝のコート2面を確保する。コートは1面当たり縦68m、横105mの大きさで、既存のサッカー場敷地では手狭なため、敷地を拡張して対応する。

 設計は16年度中に終える。施工時期については大会などの兼ね合いもあるが、冬季にかかることを避けるため、夏場の着工、降雪前の完成を想定している。人工芝の種類などで事業費は変動するが、少なくとも億単位に上る見通し。

 また、サッカー協会などの要望には照明設備の設置も含まれていたため、市は人工芝化を最優先した上で、将来的には照明の設置も視野に入れている。


関連キーワード: スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林らJV落札、497億円 道新幹線札樽トンネル札幌工区
2019年01月09日 (3,390)
2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (3,170)
札幌都心への投資加速 ホテル建設ラッシュに沸く
2019年01月02日 (2,093)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (2,058)
RIZAPグループ ディノスビル春までに建替基本計画
2019年01月06日 (1,719)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第151回は「胃もたれ」。忘年会、年越し、新年会と続く宴。胃へのいたわり方をご指導します。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。