苫小牧市が緑ケ丘公園サッカー・ラグビー場を人工芝に-17年度着工

2016年07月19日 19時15分

 苫小牧市は、清水町3丁目にある緑ケ丘公園サッカー場・ラグビー場の人工芝化について、2017年度の着工、18年度の供用開始を検討している。人工芝化を契機に、サッカーでも合宿誘致につなげる狙いもある。16年度は庁内で設計を進める。

 同施設ではサッカー場とラグビー場が並ぶ形で配置されている。ともに敷地面積は1万9000m²で、天然芝のコートが1面ずつ。大会数などが多いサッカーでは、ラグビー場を使用する頻度も高い。

 現状では芝の養生で使えない期間があることから、苫小牧地区サッカー協会、苫小牧市ラグビーフットボール協会などの要望を踏まえて人工芝化に取り組む。

 計画ではラグビー場を現状のままとし、サッカー場部分で人工芝のコート2面を確保する。コートは1面当たり縦68m、横105mの大きさで、既存のサッカー場敷地では手狭なため、敷地を拡張して対応する。

 設計は16年度中に終える。施工時期については大会などの兼ね合いもあるが、冬季にかかることを避けるため、夏場の着工、降雪前の完成を想定している。人工芝の種類などで事業費は変動するが、少なくとも億単位に上る見通し。

 また、サッカー協会などの要望には照明設備の設置も含まれていたため、市は人工芝化を最優先した上で、将来的には照明の設置も視野に入れている。


関連キーワード: スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,273)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,637)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (2,520)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,215)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,889)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。