アパグループが道内でホテル展開強化-旭川、函館は早期に

2016年08月02日 19時17分

 マンションやホテル事業などを展開するアパグループ(本社・東京)の元谷一志社長は2日、アパホテルTKP札幌駅北口EXCELLENTの開業に合わせて記者会見し、道内での出店を強化していくことを明らかにした。直近では北海道新幹線の開業効果で観光客が集まっている函館や旭川での展開を計画。現在、条件に合う立地やフランチャイズによる提携先などを探している。

 会見には元谷社長のほか、アパグループとフランチャイズ契約を結んだ貸会議室大手ティーケーピー(本社・東京)の河野貴輝社長が出席した。

 元谷社長は自社ホテルの道内展開に関して、「ルートインや東横インと比べると、ネットワークとしてまだ脆弱(ぜいじゃく)だと思っている」と強調。道内では現在、今回の新ホテルを含め札幌市と帯広市で10棟、2361室を保有するものの、2番目に人口が多い旭川、3番目の函館では未進出なため、訪日外国人観光客の需要取り込みも兼ねた進出を模索していると説明した。

 時期については言及しなかったが、立地条件やフランチャイズで組む相手が見つかり次第、早期に進めていくとの考えを示した。

 札幌市内にフランチャイズとして2店目のアパホテルを運営する河野社長は今後の展開について、「帯広のアパホテルのように宴会場とレストランのみを運営する形を取ることもあるし、いい案件があればフランチャイズで独自でやることもあり得る」と述べた。

 札幌市北区北10条西3丁目7にある、アパホテルTKP札幌駅北口EXCELLENT(96室)は、旧ホテルダイナスティをリブランドして1日にオープン。約2億円を投じて屋上に大浴場を設けたほか、客室や外壁などをアパホテル仕様にリニューアルした。全国で展開する通常のホテルよりもグレードの高い「EXCELLENT」ブランドは4店目となる。


関連キーワード: 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,523)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,325)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,560)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,116)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,732)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。