「激甚指定も視野に」-大雨被害の復旧予算で髙橋知事

2016年08月24日 19時20分

 自民党の政務調査会は24日、党本部で北海道総合振興特別委員会を開き、17日からの大雨災害について、国土交通省北海道局と道から被害状況の報告を受けた。高橋はるみ知事は復旧に必要な予算について「9月の定例道議会に補正予算を計上したい」との考えを述べ、関連予算の確保を党に要望。道内選出の国会議員からは、氾濫した河川は応急復旧ではなく恒久的な対策が必要などと道局に求めた。

 高橋知事は「広範囲にわたり大きな被害が出ているのが今回の特徴。被害状況を精査中だが、場合によっては激甚災害の指定を視野に入れている」と話し、指定に向けて国に要望していく考えを示した。その上で、迅速な復旧に必要な予算を党と道局に要望した。

 吉川貴盛衆院議員は「河川は同じところが決壊したり氾濫したりしている。応急的な処置だけでなく、恒久的な処置を考えてほしい」と話し、治水の抜本的な見直しを道局に求めた。

 このほか会合では、2016年度補正予算と17年度予算の概算要求について議論。田村秀夫道局長は「優先課題推進枠を含めて裁量的経費は最大1・17倍まで要求できる」と開発予算の見通しを説明した。その上で、交通ネットワークの強化による都市機能・生活機能へのアクセス確保、農林水産業の生産基盤強化、食・観光産業を支えるために必要な社会資本整備を進めるなどとした重点事項を報告した。

 同席した北海道建設業協会の川島崇則副会長は「安定的な当初予算が建設業の経営に最も大事なので、来年度予算も安定的に増額を確保していただきたい」と話した。


関連キーワード: 北海道庁 災害

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,081)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,924)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,133)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,729)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,490)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。