開発局の大雨被害額は700億円超-274号中心に道路600億円

2016年09月07日 19時20分

 北海道開発局は、8月中旬以降の一連の台風による大雨で道路と河川の被害額が700億円を超える見通しであることを明らかにした。このうち道路は甚大な被害が出ている274号を中心に600億円に達しているもよう。河川は堤防などの河川施設に100億円を超える被害が出ているとみられる。

 激甚災害の指定に向け、7日までに被害の概算額をまとめた。

 道路は、8月20日からの台風11号、9号による大雨で上川町の273号高原大橋(鋼橋、124・5m)が大きく損傷。同30―31日に接近した台風10号による大雨では、274号と38号で大きな被害が出た。38号は狩勝峠で土砂崩れ、清水町内で2橋が落橋したり橋台が損傷した。274号は日高町千栄―清水町(約44㌔)の区間で複数の橋が落橋したほか、路肩洗掘、大規模な斜面崩壊が相次いで見つかっている。現在も職員が現地を踏査して被害状況を調査しているが、被害の全容はつかめていない。道路の被害額のほとんどが274号とみられる。

 河川は常呂川、釧路川、石狩川、十勝川、湧別川、渚滑川、鵡川の各水系で堤防の決壊や洗掘が相次いだ。

 このほか農業施設は、十勝地方を中心に開発局が整備した排水路などの施設が二十数㌔にわたり被災しているとみられ、被害額は数十億円に上っているもよう。


関連キーワード: 災害 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,826)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,740)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,608)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,862)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,703)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。