新幹線工事が札幌へ-来年4-6月期に手稲トンネル入札

2016年10月03日 19時33分

 鉄道運輸機構北海道新幹線建設局は、2030年度末を予定する道新幹線札幌開業に向け、終着地である札幌市内の工事に17年度から着工する。市内の初弾工事は手稲トンネルで、第1四半期(4―6月)に入札する。3日に公表した発注見通し(工事情報)で明らかにした。

 手稲トンネルは、新函館北斗―札幌間で道新幹線が最後に通過する地上トンネルで、小樽市と札幌市にまたがる位置に開設する。延長は、この区間で最長となる渡島トンネル(3万2675m)に次ぐ1万8750mで計画する。

 17年度第1四半期に入札するのは、札幌市内が工事場所の富丘工区。トンネル4500mと斜坑860mを93カ月で施工する。

 手稲トンネル出口から札幌駅までのルートは現計画で高架化することにしているが、人口が密集する市街地への影響を避けるため、同機構は地下トンネルに変更する方針を固めている。9月に札幌市内で開かれたセミナーで北村隆志理事長は今秋に大枠を決める意向を示していて、決定後に工事計画を変更する見通し。

 発注見通しではこのほか、ニセコ町内で計画するニセコトンネルを新たに盛り込んだ。トンネル2260m、路盤230mを50カ月で施工する工事で、16年度第4四半期(1―3月)に入札する。

 渡島トンネルの上二股工区は、入札予定時期を16年度第4四半期から17年度第1四半期に先送り。渡島トンネルの台場山工区は工期を95カ月、南鶉工区は工期を104カ月にし、工事概要をトンネル4400mと斜坑1220mに変更。北鶉工区は工期を95カ月、工事概要をトンネル5000m、斜坑600mに変えた。


関連キーワード: トンネル 大型 新幹線

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,528)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,184)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,816)
名寄市 王子マテリア名寄工場の事業継続要請
2019年10月16日 (1,573)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,510)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。