釧路市末広町の国道800mを無電柱化-釧路開建が18億円投じ

2016年10月14日 19時15分

 釧路開建は、釧路市末広町に延びる国道44号の800m区間両側で電線共同溝を新設する。総事業費は18億円を試算し、2016年度は調査、設計、施工計画検討を進めているほか、北電やNTTとの協議を進めており、整備内容やスケジュールが固まれば17年度以降の着工を予定している。

 災害に強い安全で快適な通行空間の確保や、景観の向上を図るのが目的。

 同区間は、釧路市津波避難計画で津波発生時の重要避難経路となっていて、無電柱化を推進している地区。また、同区間を含む44号は北海道緊急輸送路道路ネットワーク計画で、第1次緊急輸送道路に指定されている。

 無電柱化により、災害時の電柱倒壊など交通障害を防ぎ、重要避難経路としての役割を確保する。JR釧路駅や北大通周辺の景観計画重点区域の景観性向上も促進し、観光の活性化を支援する。

 市内ではこれまで、北大通の釧路駅前から幣舞橋手前までの道道釧路停線と国道38号の交点までの約900mを無電柱化した。新たに計画しているのは、44号と38号の交点となる釧路市北大通5丁目から市道旭橋通との交点となる旭町30まで。両側を合わせて1600mの歩道下で電線共同溝の整備と電柱撤去を推進する。

 44号の幅員は、北大通5丁目から市道久寿里橋通の交点までの400mが車道19・5m、両側歩道8・25mの計36m。久寿里橋通の交点から旭町30までの400mが車道10m、両側歩道5mの計20mとなっている。


関連キーワード: 景観 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,109)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,473)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,249)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,889)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,247)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。