4件とも業務理解度は100%-帯広開建の総合評価方式委託業務

2016年10月24日 19時19分

 帯広開建が2016年度に実施した、指名競争に総合評価方式を取り入れた委託業務4件について、本紙が落札者の各評価項目別の平均得点率を算出した。実施方針関連で、業務理解度は4社とも満点を獲得したため100%、実施手順でも90%となった。その他は60%だったが非落札者とは41.1ポイント差をつけており、技術提案で高得点を取ったことが浮き彫りになった。

 北海道開発局は、委託業務に関して、16年度から3年程度をかけて価格競争で発注してきた業務を段階的に総合評価やプロポーザルに移行する考え。この方針に向けて中小建設コンサルタントの技術力を底上げするため、各開建は通常指名競争で総合評価方式を採用している。

 帯広開建は10月上旬までに、道横断道陸別町川向横断函渠ほか詳細設計、道横断道陸別町陸別交差点ほか詳細設計、札内川地区札内川導水路設計等、十勝川水系多自然川づくり追跡調査の4件を開札。延べ指名業者数は42社、実指名業者数は32社だった。4件中、応札額が2位以下の企業が落札する「逆転」は2件。平均落札率は84.4%で、個別を見ると最低が79・9点、最高は89%だった。

 4件とも簡易型のため、技術点は予定技術者の資格や実績が25点、技術者の成績・表彰が25点、技術提案を評価する実施方針では業務理解度で20点、実施手順で20点、その他で10点の計100点満点とした。

 落札者の技術点は4件とも応札者中最高点を獲得し、平均は84・5点だった。各評価項目の平均点数を満点で割った平均得点率は、予定技術者の資格や実績が95%、技術者の成績・表彰が67%、実施方針の業務理解度が100%、実施手順が90%、その他が60%だった。

 非落札者の平均と比較すると、技術者の成績・表彰では非落札者の方が0.8ポイント分上回り、予定技術者の資格や実績では7.4ポイント差だった。しかし実施方針では、落札者が全て満点だった業務理解度で33.3ポイント差がつき、その他でも41.1ポイント開きを見せた。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,124)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,481)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,456)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,307)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,082)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。