札商新会頭に岩田氏-就任会見で地域活力創出への取り組み表明

2016年11月01日 19時15分

 1日付で札幌商工会議所の新会頭に就任した岩田圭剛氏が札幌グランドホテルで記者会見し、「パワーアップ!札幌」と銘打った基本方針で、地域活力を生み出す4つの取り組みを進めていくと所信表明した。札幌冬季五輪招致や北海道新幹線の早期札幌開業の実現など、札幌と道内経済を発展させるために最善の努力を尽くすと意欲を示した。

 岩田新会頭は、最近の道内経済に関して「緩やかに回復しているが、長期的に見ると人口減少による市場の縮小などが控えており、将来を見据えた政策が必要」と指摘。そうした中で、札幌がリーダーシップを発揮して北海道全体の活力を導くことが重要であるとの認識を提示した。

 その札幌の経済を活発化するため、新会頭として4つの視点から事業を展開していく。1つ目は地域活力の向上に挑むための成長分野を中心とした産業を興し、2つ目は新幹線札幌延伸などの魅力ある札幌都市の形成、3つ目は人材確保や育成の支援、4つ目は札商会員企業のビジネスチャンスの拡大・創出に取り組むと要点を解説した。

 中でも、高向巌前会頭が先頭に立って進めてきた新幹線札幌延伸に向けた施策については、「一日も早い札幌開業の実現は経済効果の面からも大変重要」と見ており、引き続き力を入れていくと強調。開業に合わせて今から、札幌駅周辺の再整備や都心アクセス道路の整備などの事業も戦略的に進めていく必要があるとの考えを明らかにした。

 このほか、記者から、プロ野球北海道日本ハムファイターズの新球場構想に関する質問が挙がると、岩田新会頭は「札商は札幌ドームの構想段階から関わっている。できればドームを活用してほしい」と述べ、これまで通りドームでの活躍を期待し、移転を見合わせるよう示唆した。


関連キーワード: 人事

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,136)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,930)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,104)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,735)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,504)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。