札幌市が白川浄水場に取水施設新設へ-早ければ19年度着工

2016年11月16日 19時17分

 札幌市水道局は早ければ2019年度から、白川浄水場で新たな取水施設などの整備に入る考えだ。実施設計は18日にも一般競争公告する予定となっている。24年度の整備完了を目指す。

 白川浄水場は第1―3の3つの浄水場で構成。耐震性能不足と経年劣化の対策として、段階的に改修していく。改修に当たっては浄水場単位で運転を停止する必要があり、機能が低下しないよう前もって新たな浄水場を整備する。

 新浄水場整備に伴って新設する取水施設は、既存取水施設よりも標高が約10m高い藻岩ダムの調整池に新設する方針。これにより自然流下で水を取り込むことが可能となり、ポンプで水をくみ上げている既存取水施設よりもエネルギー消費量が減少する。試算では、年間約7000万円の電力料金削減につながる見込み。

 藻岩ダムの調整池に設置するメインの取水口のほか、維持管理作業や事故災害時に備えて、さらに上流側に予備の取水口を設ける。

 予備取水口からの水はシールド工による管を設けてダム側のメイン取水口付近に合流。シールドは内径2200㍉、延長750mで計画している。ダム側の取水口からは取水路で沈砂池へ導く。取水路は矩形(くけい)幅2500㍉、高さ2000㍉、延長630mとし、沈砂池は85×25mの池を2つ備える予定だ。

 実施設計にはこれらのほか、道路の付け替えや護岸工、取水管理棟建設などの設計も含める。施工場所は南区砥山27から白川1814にかけて。

 業務期間は300日間で、17年度内の完了を目指す。基本設計はNJSが担当した。

 白川浄水場内の新浄水場建設は24年度完成を目指しており、取水施設なども同時期までに工事を終える考えだ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • web企画
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,520)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,316)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,544)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,106)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,726)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。