札幌市が白川浄水場に取水施設新設へ-早ければ19年度着工

2016年11月16日 19時17分

 札幌市水道局は早ければ2019年度から、白川浄水場で新たな取水施設などの整備に入る考えだ。実施設計は18日にも一般競争公告する予定となっている。24年度の整備完了を目指す。

 白川浄水場は第1―3の3つの浄水場で構成。耐震性能不足と経年劣化の対策として、段階的に改修していく。改修に当たっては浄水場単位で運転を停止する必要があり、機能が低下しないよう前もって新たな浄水場を整備する。

 新浄水場整備に伴って新設する取水施設は、既存取水施設よりも標高が約10m高い藻岩ダムの調整池に新設する方針。これにより自然流下で水を取り込むことが可能となり、ポンプで水をくみ上げている既存取水施設よりもエネルギー消費量が減少する。試算では、年間約7000万円の電力料金削減につながる見込み。

 藻岩ダムの調整池に設置するメインの取水口のほか、維持管理作業や事故災害時に備えて、さらに上流側に予備の取水口を設ける。

 予備取水口からの水はシールド工による管を設けてダム側のメイン取水口付近に合流。シールドは内径2200㍉、延長750mで計画している。ダム側の取水口からは取水路で沈砂池へ導く。取水路は矩形(くけい)幅2500㍉、高さ2000㍉、延長630mとし、沈砂池は85×25mの池を2つ備える予定だ。

 実施設計にはこれらのほか、道路の付け替えや護岸工、取水管理棟建設などの設計も含める。施工場所は南区砥山27から白川1814にかけて。

 業務期間は300日間で、17年度内の完了を目指す。基本設計はNJSが担当した。

 白川浄水場内の新浄水場建設は24年度完成を目指しており、取水施設なども同時期までに工事を終える考えだ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,680)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,502)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,469)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,269)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,098)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。