建設業の景気判断指数はマイナスながら4期連続改善-北保証調査

2017年01月18日 19時16分

 北海道建設業信用保証(本社・札幌)は18日、2016年度第3四半期(10―12月)の道内建設業景況調査結果を発表した。建設業界の景気を示す業況等の景気判断指数(BSI値)はマイナス6・5となり、9期連続のマイナス。しかし、前回(7―9月)に比べると5.5ポイントの改善で、今期の状況については「悪い傾向が弱まっている」と改善が急速に進み、4期連続で上向いた。来期(1―3月)はマイナス6と、ほぼ横ばいの予想だ。

 道内建設業者を対象に四半期ごとに実施している景況アンケート。土木、建築、土木建築、設備業者を対象に12月に調査し、計253社が回答(回答率92.7%)した。BSI値は「良い」と答えた企業割合から「悪い」と答えた企業割合を引いた数値。

 受注総額のBSI値はマイナス7・5と、前期に比べ2.5ポイントの改善。官公庁工事がマイナス7・5で前期より改善したものの、民間工事がマイナス8と減少傾向が続いている。資金繰りは前期と同様に容易で、銀行などの貸し出しも容易傾向が継続中。

 資材調達のBSIはプラス3と、8期連続で容易傾向が続く。資材価格はプラス3と上昇傾向が継続。建設労働者の確保は前回と同じマイナス16・5と困難傾向で、賃金も引き続き上昇傾向にある。

 来期の受注総額は官公庁、民間工事とも減少傾向が続くと予測。建設労働者の確保は困難傾向がやや強まると悪化を予想し、賃金や資材価格も上昇傾向が続くとみている。収益も減少傾向がやや強まるとした。

 回答のあった経営上の問題は「人手不足」が2期連続で1位。2位は「受注の減少」となり、3位に「従業員の高齢化」が入るなど、人材確保が大きな課題となっていることが浮き彫りになった。


関連キーワード: 景気動向

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • イイファス
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (3,011)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,141)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,829)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,413)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,159)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。