当別町が生涯活躍のまち構想素案-サ高住や交流拠点整備

2017年02月09日 19時34分

 当別町は、生涯活躍のまちづくり基本構想素案をまとめた。スウェーデンヒルズ地区や獅子内地区の未利用地にサービス付き高齢者住宅(サ高住)、JR石狩太美駅周辺に地域交流拠点施設や生活支援施設などを整備するという内容。2017年度は基本計画を策定するとともに、年度末をめどに事業者を決定。18年度から移住者の募集を始め、20年度の設計、21年度の建設を経て、22年度の運営開始を目指す。

 同構想の対象は60―75歳のアクティブシニアと、近隣市町村から移住する若年・子育て世代、定年前に離職した医療・福祉経験者、北海道医療大に通う大学生、合わせて200人程度。スウェーデンヒルズ地区から太美町市街地、337号沿いに建設する道の駅予定地付近にかけてを対象エリアとする。

 住居、センターハウス、地域交流拠点施設を必要な施設に挙げ、住居はサ高住が戸当たり40m²以上を150戸程度、一般住宅が同60m²以上を25戸程度、学生ワンルーム共同住宅が同20m²以上を25戸程度と想定。センターハウスは、共用キッチンやレストラン・カフェ、診察室や運動スペースを備え、不足気味の地域包括ケアシステムを補強する。地域交流拠点施設にはライブラリー、共同型・個人所有型の農作物スペース、音楽・陶芸・フィットネスなど趣味のスペース、保育所や遊びスペースを設ける。

 機能配置イメージでは、スウェーデンヒルズや獅子内地区にある未利用地への住居機能整備を見込むほか、JR石狩太美駅周辺地区での集合住宅、地域交流拠点、生活支援施設、商業施設といった機能強化や、同駅から道の駅までのアクセス確保を図り、道の駅ではアクティブシニアに就労・活躍の場を提供することを目指している。

 事業展開としては駅周辺再開発からスタートし、スウェーデンヒルズ地区や獅子内地区の居住機能やサービス機能の整備という事例を示した。事業主体としては、事業者と町が共同出資するまちづくり会社型か、先進事業者のノウハウとサポートを受けた地元事業者が主体となるフランチャイズ型を視野に入れている。


関連キーワード: 医療福祉 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,983)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,713)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,582)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,990)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,933)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。