札幌市が橋梁長寿命化で17年度は40橋整備-5橋は耐震補強も

2017年03月09日 19時16分

 札幌市建設局は2017年度、40橋の橋梁長寿命化修繕に着工する計画だ。うち小樽内橋と三里橋、藻岩橋、小天狗橋、西発寒こ線橋(こ線部)の5橋は耐震補強を同時施工する計画。工事費は昨年12月の4定補正で措置した8橋と17年度予算案に盛り込んだ32橋を合わせて、約43億円を見込んでいる。

 同局は、09年度に豊平川やJR線などをまたぐ重要橋梁を対象に長寿命化修繕計画を策定し、11年度に一般橋梁を追加した。対象橋梁は450橋に上り、うち126橋は16年度末までに修繕を終える。

 年度によってばらつきはあるものの、年間おおむね50橋程度を目安に事業費35億円程度を投入する方針。17年度予算分の工事費は約30億円。

 一方、耐震補強は123橋が対象で、橋脚へのRC巻き立てのほか、落橋防止装置や変位制限装置設置により、地震時に発生しやすい橋脚のせん断や桁の落下を防ぐ。19年度末の耐震化率80%を目標とし、既に84橋で耐震化が完了した。

 17年度の事業費は、9橋の工事費と18年度以降の設計費を含めて8億4000万円を計上。4径間の藻岩橋、3径間の小天狗橋、単径間の小樽内橋と三里橋のほか、全体では16径間ある西発寒こ線橋のこ線部分を対象に、長寿命化に合わせて施工する予定だ。

 ほかに耐震補強単独で手稲区の稲積橋、こうよう橋、樽川橋、白石区の川下橋の4橋を予定。こうようと樽川の2橋は単径間、他の2橋は3径間となっている。


関連キーワード: 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,257)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,235)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,081)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,901)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,566)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。