17年度の道内アスファルト合材需要は4年ぶりに増加見込む

2017年04月28日 19時19分

 2017年度の道内アスファルト合材需要が4年ぶりに増加に転じる見通しだ。国道274号日勝峠の災害復旧や国道235号門別厚賀道路の整備など、舗装工事が例年より多くなりそうなため。16年度の合材生産量は245万㌧と15年度とおおむね横ばいで推移したが、事業の発注予定などから推測すると17年度は前年度を上回るのが必至。280万㌧前後で推移するといった見方も出ている。

 16年度の道内アスファルト合材生産量は244万7000㌧で、前年度を1%下回った。うち新材は59万6000㌧で4%増、再生材は185万1000㌧で2%減となった。

 河川の緊急防災事業として、堤防天端の舗装で30億円ほど出たのが大きかった。道路事業は旭川紋別自動車道丸瀬布道路の丸瀬布IC―遠軽瀬戸瀬IC間の開通もあったが、全体では落ち込んだ。

 地区別では、札幌は88万6000㌧で前年度より1%の微増。帯広は26万6000㌧で19%増となった。旭川も26万5000㌧で16%増。函館や室蘭、網走、釧路は前年度実績を下回った。

 一方、17年度は国道274号日勝峠の災害復旧のほか、道横断自動車道足寄―北見や国道235号門別厚賀道路の整備などで、舗装工事は旺盛となる見通し。

 北海道舗装事業協会の調べによると、17年度の開発局発注の舗装工事は228件、金額は256億2800万円で、発注量は前年度より3―4割増えるとみている。

 発注量の増加とともに、合材需要も増えることが予想される。アベノミクスの大型補正で沸いた13年度の300万㌧には及ばないものの、280万―290万㌧に積み上がる公算だ。

 ただ、事業者の見方は厳しい。災害復旧のウエートが大きいほか、16年度2次補正による開通関連予算が40億円以上あり「定常的な事業環境とはいえない」(業界関係者)という。ポットホールやわだち掘れがあちらこちらで発生している道路事情を受け、修繕の拡充を望む声は根強い。

 16年度の稼働プラント数は108基で、前年度より6基減った。17年度は2基の休止が計画されており、生産体制の縮小からも業界環境の厳しさが現れている。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,578)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,774)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,342)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,235)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,126)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 盛り上がれ
ワーケーションnew
函館市の事例から

盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~
函館市で加速するワーケーションの動き。継続的なものにするため企業双方に求められる条件を探る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。