新函館北斗駅前にシングル中心の新ホテル-東京の不動産開発会社

2017年05月29日 19時21分

 不動産開発などを手掛ける川翔プログレス(東京都港区芝浦1丁目4の1、川嶋浩嗣社長)は、北斗市の新函館北斗駅前にホテルを建設する計画だ。10月にも着工し、2018年秋の開業を目指す。総事業費13億円を試算。6月にも運営を委託するホテルチェーンを決める。

 同社は26日、複数の民間地権者から北斗市市渡1丁目の約1400m²を取得した。駅とは道路を挟んで向かい側。3月に開業したラ・ジェント・プラザ函館北斗(107室)に次ぐ、駅前では2つ目のホテル計画となる。

 規模はS造、12階、延べ4151m²、全247室を想定し、シングル(約12m²)が大半を占める。同社によると、設計は同社もしくはホテルの運営委託会社で、自社施工を考えている。

 道内では初めての自社事業となる。函館観光への需要の高まりや、30年度末を予定する北海道新幹線札幌延伸後の札幌圏との流動活発化などを予想しての投資という。

 これによって同駅前の商業用地5・3haへの進出決定は半分を超えた。北斗市は「駅周辺での滞在が増え、にぎわいが期待される。他の投資の呼び水になれば」と話している。


関連キーワード: ホテル 建築 新幹線

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (12.5k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (3.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.5k)
難工事克服し10年 国道40号「音中トンネル」貫通...
2020年12月04日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。