生コンは15%増106万m³ー17年度の主要資材官公需見通し

2017年06月22日 19時16分

 建設資材対策北海道地方連絡会は22日、2017年度の主要資材の需要見通しをまとめた。生コンクリートは前年度比14.9%増の105万7415m³、アスファルト合材は47.4%増の117万5586㌧に上り、北海道新幹線新函館北斗―札幌間のトンネル工事や、台風10号関連の災害復旧工事の本格化に伴い増加する見通しだ。需給動向はアスファルト合材以外は均衡しており、資材はほぼ円滑に調達されているとの見方を示した。

 同連絡会は北海道開発局や道、札幌市、東日本高速道路、鉄道建設・運輸施設整備支援機構などの発注機関と資材・骨材関係団体、建設関係団体で構成。22日の会合では17年度の需要動向について意見を交わした。

 資材の需要量は、各発注機関が17年度予定工事量を基に地域別、月別の見通しをまとめたもの。生コン、アスファルト合材、砕石等、鉄筋、鋼矢板の5品目。官公需を集計したもので、民間工事の需要は含んでいない。

 7月以降の需要量は、生コンが87万3734m³、アスファルト合材が94万3268㌧、砕石が237万1370m³、鉄筋が3万4596㌧、鋼矢板が3万6011㌧を見込む。

 生コンは7―11月が10万㌧を超える量が見込まれている。アスファルト合材は7―10月にかけてピークを迎え、砕石等は9月が49万2427m³で最大に上る見通し。

 地域別では生コンは渡島、後志、空知、上川、留萌、胆振、日高、十勝、釧路が前年度を上回る見通しで、特に十勝は2・8倍に増加。アスファルト合材は日高が15倍と急増し、後志や空知も2倍を超える。

 需給動向としては、「緩和」と判断したアスファルト合材以外は「均衡」していることが報告された。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • web企画
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,187)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,138)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,468)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,563)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,548)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。