WTO対象の5号新塩谷トンネルが8月公告へ-入札は年明け

2017年06月30日 19時14分

 小樽開建は2017年度、5号塩谷防災の新塩谷トンネルを発注する。WTO対象の一般競争で8月にも公告する意向で、入札時期は18年1―3月ごろ、機材調達や準備工の期間などを勘案すれば、工事の本格化は18年度からとなりそうだ。同事業の17年度以降の残事業費は約60億円で、この大部分がトンネル工事費に充てられる見通し。

 小樽市内の桃内1丁目から塩谷1丁目にかけての海岸沿いで、現道に塩谷トンネル(延長541m)と笠岩トンネル(同370m)が含まれる区間が対象。

 今後の海岸浸食に伴い現トンネル上で崩落が発生した場合、岩盤内部の亀裂に沿って崩壊が進み、拡大した偏土圧によってトンネル自体が崩壊する危険がある。

 そこでこれら2つのトンネルを避け、山側に新たなルートを開設することにした。延長1063mの新トンネルを掘削し、小樽側に約200m、余市側に260mの道路を新設する計画で、総事業費は70億円と試算している。

 トンネルの詳細設計は、12年度にダイヤコンサルタントが税抜き1440万円で落札した。車道部8m、歩道2mの全幅10mとし、NATM工法により小樽側からの片押しで掘削する方針だ。

 同事業の残工事は、トンネル本体のほか両端部の本線改良、トンネルの機械・電気設備など。本線の標準幅員は車道部7m、路肩両側各0・5m、歩道片側2mの総幅員10mで計画している。


関連キーワード: 国交省 土木 大型

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (1,824)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,533)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,269)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,166)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,080)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。