上野北広島市長が新工業団地検討に意欲-「輪厚」販売好調で

2017年08月22日 07時08分

 北広島市の上野正三市長は21日、7月の市長選後初めての定例会となる第3回市議会で所信表明し、新工業団地の必要性検討や、民間活力を導入したJR上野幌駅周辺の開発、住宅リフォーム支援制度の拡充に取り組む意向を示した。

 上野市長は「新たな商工業系の土地利用は、将来の企業誘致に対応するため、今後のまちづくりや地域経済の活性化、企業ニーズなどさまざまな視点から検討する」と述べた。輪厚工業団地の販売面積が94.4%に達しているため、次の工業団地の必要性を検討する。

 上野幌駅周辺のまちづくりについては「商業・業務施設などの立地へ検討するとともに、駅のバリアフリー化に向けて関係機関と協議を進める」と表明。第5次総合計画(2011―20年度)に民間活力を導入した開発を位置付けたものの、これまで具体的な進ちょくはなかった。公約であることから、総合計画と任期の最終年である20年度に向けて道筋を付けたい考え。

 また、同駅の乗降客は1日5000人以上だがバリアフリー化が施されていないことから、整備に向けてJRや札幌市と協議する。

 住宅リフォームの支援に関しては「新たな支援制度の創設を検討する」とした。住んでいる住宅のリフォームに10万円を助成する現在の制度を、空き家のリノベーションなど将来住む人も支援を受けられる内容とする。18年度の新制度創設を目指す。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

洞爺サンパレス「クリスタル」建替を6月着工 カラカミ観光
2017年12月26日 (2,351)
特定代行者募集を開始 北3東11周辺地区再開発
2017年12月25日 (1,708)
国立アイヌ民族博物館新営建築は40億円で竹中らJVに
2018年01月15日 (1,681)
道新幹線、札樽トンネル(石倉)他は105億円で大林組らJVに
2017年12月20日 (1,502)
小樽のホテル跡8万m²など取得 グローカルジャパン
2018年01月13日 (1,362)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第127回は「疲労とお風呂」。血行が改善されることで疲労感の原因となる物質が、処理されやすくなります。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。