おとなの養生訓

おとなの養生訓 第117回「長い魚」 ビタミンが豊富な食材

2017年07月28日 16時34分

 夏といえばウナギと思いつくほど、暑い盛りにウナギを食べることは、一般に広まった風物詩ともいえるものです。土用の丑の日の前後にはとくにウナギ屋さんが大混雑になります。今年は7月25日と8月6日と2日あるそうです。昨年よりウナギの値段が下がり気味とか。ウナギを食べる機会が増えそうです。

 ウナギの仲間であるアナゴもおなじみの食材の一つであると思うのですが、ウナギ屋さんでアナゴを見かけることはありません。アナゴはお寿司屋さんやてんぷら屋さんでお目にかかります。お寿司屋さんあたりではアナゴのかば焼きを出すところもあるのですが、ウナギ屋さんで出さないのはなぜなのでしょうね。アナゴの旬は6月から8月でウナギが売れる時期と重なっているので、アナゴを扱っている暇はないということなのでしょうか?

 実はウナギの仲間の長い魚で、夏が旬であるという食材にハモがあります。北海道ではあまりなじみがないかもしれませんが、京都を中心とした関西方面では、結構食べられる食材です。ハモは湯引きにしてあっさりと食べるのが基本ですが、かば焼きにして食べることもあります。関西出身の私の母は、時々、ハモのかば焼きを作ってハモ丼を作っていました。でも、ウナギ屋さんでハモは見かけませんね。

 ウナギ、アナゴ、ハモと同じウナギの仲間の長い魚なのに、料理、扱いが全く異なります。日本料理の奥深さを垣間見る思いです。3つとも夏が旬と思われがちですが、食通の方にお聞きすると、ウナギの旬は脂がのった冬なんだそうです。ハモは絶対夏なんですがね。不思議なものです。

ウナギは栄養豊富な食材として知られています。タンパク質はもちろん、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンEに加えて、動脈硬化を抑える不飽和脂肪酸(DHA、EPA)が豊富とされています。アナゴは脂肪分がウナギに比べて少なく、ヘルシーといえるかもしれませんが、その分、ビタミン類も少ないようです。ハモはビタミンAがウナギより少ないことが最近分かりました。でも、いずれにしても、他の魚よりはビタミンが豊富な食材といえると思います。

 暑さで体力が奪われがちな時期に、ビタミン豊富な長い魚を食べるのは、それなりに理にかなっているようですね。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 川崎建設
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,134)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,365)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,538)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,379)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,069)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。