おとなの養生訓

おとなの養生訓 第118回「柳陰」 江戸時代の〝カクテル〟

2017年08月16日 16時36分

 暑さの厳しい日の夕方には、キンキンに冷えたビールをグイッと、いきたいものです。炭酸たっぷりのビールと、それを冷やす冷蔵庫は夏に不可欠という訳ですが、ビールは明治時代になって日本に入ってきましたし、電気冷蔵庫が発明普及したのも20世紀に入ってからです。昔の人は、暑さしのぎをどうしていたのでしょうか?

 実は、暑さしのぎの飲み物として、「柳陰」というものが、江戸時代の町人に飲まれていました。みりんと焼酎を半々に合わせた飲み物です。本直しとも呼びます。これを徳利などに詰めて、井戸の底の冷たい水においておき、充分冷えたところで、クッーとやるのです。

 古典落語の名作、「青菜」の中で、主人公の植木屋さんが、夏の日に一仕事終え、大店の主人に誘われて、柳陰を酌み交わすシーンが出てきます。そのくだりを名人が演ずると、飲みたくなって、いてもたってもいられません。

 主人は柳陰を選ぶ理由も述べていて、冷酒、つまり冷やした日本酒は体に応える、柳陰は楽だというのです。なるほど、日本酒より焼酎の方が残らない。でも焼酎を冷やして飲んでも味もそっけもない。そこで甘いみりんという訳です。

みりんはアルコールが入っているから酒の味が薄まりません。口当たりの良い、スッキリとしたお酒ができます。考えてみると、これはまさにカクテルではありませんか。日本人は江戸時代にすでにカクテルをたしなんでいたのです。なんて恰好がいいことか。

 カクテルは常夏の中米、カリブ海地域に広まっていることから、暑さをしのぐ冷たいカクテルがたくさんあります。最近、日本でも流行り出したモヒートや、定番のジントニック、ほろ苦いカンパリソーダなど。さわやかさを演出する柑橘類が添えられます。こう考えると、暑さしのぎの方法はビールだけじゃありませんね。

 暑さしのぎのビールは、最高なのですが、二つばかり弊害があります。一つは一杯目のうまさが、二杯以降続きにくく、飽きが来ること。二つ目は、量が多いのでお腹が膨れてしまい食事がすすまなくなることです。そこで、柳陰やモヒートあたりを、最初の一杯にしてみてはいかがでしょうか?口の中がさっぱりとして、暑さで下がった食欲も回復し、食事をおいしく取れます。夏バテ対策にお勧めです。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,162)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,333)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,549)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,141)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,092)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。