統計・データ

札幌市の17年度落札動向 くじ引き発生率が改善

2018年06月23日 09時30分

 札幌市は2017年度の入札契約状況をまとめた。市長部、交通、水道、病院の各局が発注した工事、委託の平均落札率は88.4%で前年度から1.3ポイント上昇した。くじ引き落札は、評価細分化など総合評価の見直しがあった工事で48%と2.2ポイント改善。発生率の高い土木は72.4%と5.3ポイント低下した。委託は81.3%で高水準だが4.6ポイント改善した。

関連キーワード: 入札情報 市町村行政

外国人技能実習生受け入れ 17年は工事業で倍増の711人

2018年06月21日 17時00分

 道経済部は、2017年外国人技能実習生の道内受け入れ状況をまとめた。受け入れ総数は前年比22.9%増の8502人で調査開始の06年以降で過去最高となった。建設関連工事業は711人で前年から倍増した。今後の受け入れについて、9割が「拡大」「現状維持」と回答しており、今後も増加が見込まれる。

関連キーワード: 人材育成 北海道庁

台風災復などで伸びる 17年道内生コン出荷300万m³超

2018年06月18日 08時30分
台風災復などで伸びる 17年道内生コン出荷300万m³超

 経済産業省の生コン流通統計調査によると、2017年の道内生コン出荷量は319万8300m³で、前年より28%増えた。土木向けは110万9600m³で33%の大幅アップ。災害対策から河川や砂防向けの出荷が伸びたとみられる。建築向けは208万8700m³で25%増えた。この統計で、道内の生コン出荷が300万m³を超えたのは08年以来。

関連キーワード: 経産省

道内企業、6割が設備投資を計画 帝国DB調査

2018年05月31日 08時30分

 道内企業の6割が2018年度に設備投資を計画していることが、帝国データバンク札幌支店の調査で分かった。設備の老朽化に伴う更新や、人手不足による省力化に向けた投資が中心。平均予定額は約1億1988万円に上っている。

関連キーワード: 景気動向

稼働20年超は44施設 道内市町村の廃棄物焼却施設老朽化

2018年05月28日 08時30分

 道内の廃棄物処理施設整備状況がまとまった。使用開始から20年を超える施設は4.7%の44施設で、このうち築40年を超えるのは5施設と、老朽化が課題となっている。環境省は、施設の計画的な維持管理・更新を進めつつ、地域振興や雇用創出など地域に多面的価値をもたらす施設の整備を推進する方針だ。

関連キーワード: 市町村行政

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,057)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,984)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,507)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,451)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,324)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。