統計・データ

建設業、充足率は2割 道内新規高卒者の就職内定状況 

2019年05月10日 07時00分
建設業、充足率は2割 道内新規高卒者の就職内定状況 

 北海道労働局は、2019年3月の道内新規高卒者の就職内定状況をまとめた。内定率は前年同月と同じ98.4%で、前年に引き続き統計開始以来、過去3番目の高水準となった。一方で建設業の充足率は、前年度から2.7ポイント減の20.6%と、4年連続で3割を下回った。求人数が近年大幅に増加しているのに対し、内定者数は横ばいと、右肩上がりの求人数に追い付かず、厳しい人手不足の状況が続いている。

ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台

2019年05月08日 07時00分

 北海道建設新聞社は、2018年度のゼネコン道内受注高ランキングをまとめた。首位は唯一、500億円台に乗せた岩田地崎建設で、年間では4年連続の1位となった。2位には官庁土木トップの大林組が入り、3位は大成建設で、鹿島が前年度の14位から4位、フジタが116位から5位にランクアップした。6位の伊藤組土建までが300億円以上を確保している。上位10社のうち、道内企業は4社が占め道外企業が6社。このうち、岩田地崎建設、大林組、鹿島、フジタ、中山組が調査の集計方法を暦年から年度に変更した07年度以降の過去最高額を更新している。上位50社の受注総額は7740億9039万5000円で、前年度に比べ18.8%の大幅な増加。過去最高額を更新し、初の7000億円台となった。

e-kensinでふりかえる平成30年度

2019年04月30日 09時00分
e-kensinでふりかえる平成30年度

 2019年4月1日から始まった平成31年度。行事や官公庁の文書などでは、改元前から「令和元年度」表記であったり、平成31年度と令和元年度を併記している場合も多く見受けられ、純粋な「平成」の年度としては「平成30年度」が最後となったとも言える。平成の終わりを迎えるにあたって、平成30年度の当サイトの人気記事をランキング形式で紹介。災害や施設の開業、令和の時代に繋がる建設計画など、「ある意味平成最後」の年度に起きた、建設ニュースを振り返る。

2.4%減の4041億円 道内土木3官庁18年度発注額 

2019年04月29日 09時00分

 道内土木3官庁(開建、建管、総合局・振興局農業)の2018年度発注額が、本紙集計でまとまった。3官庁の発注額累計は前年度を2.4%下回る4040億9700万円。19年3月の3官庁発注額が前年同月比16.1%減の841億円とやや低調だったことが響いている。

関連キーワード: 土木

道内の産廃最終処分場 残り13年で満杯に

2019年04月18日 18時00分

 環境省は、産業廃棄物施設の2016年度残存容量や設置状況をまとめた。道内における産業廃棄物最終処分場の残存容量(17年4月1日現在)は、前年度比3.5%減の939万2657m³。推計の残余年数は13・2年で0・5年短くなり、全国平均の17年を下回った。

関連キーワード: 環境省

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (2,782)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,338)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,289)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (2,018)
札幌西ICフル規格化 署名2万筆集め今夏から要望活動
2019年07月07日 (1,702)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。