ほっかいどう

貴重な図面や写真も収録 「石狩湾新港の軌跡」発刊

2019年07月07日 16時00分
貴重な図面や写真も収録 「石狩湾新港の軌跡」発刊

 北海道建設新聞社の関連会社、建新総合研究所(本社・札幌)は、石狩湾新港の歩みを紹介する「石狩湾新港の軌跡―第一船入港から現在、そして未来へ―」を発刊した。第一船の入港から40年が経過しようとする中、開発当時を知る北海道建設業協会の栗田悟副会長(元北海道開発局港湾空港部長)が資料や関係者への取材を基にその歩みをたどっている。

田岡前石狩市長 20年を振り返る

2019年07月06日 15時00分

 1999年から5期20年にわたり、石狩市長として市政運営の先頭を走り続けた。6月26日で任期を終えた今、これまでの歩みを振り返り、新市長への期待を聞いた。

関連キーワード: さっぽろ圏 市町村行政

北海道空港グループを選定 道内7空港の優先交渉者

2019年07月04日 07時00分
北海道空港グループを選定 道内7空港の優先交渉者

 国土交通省は3日、道内7空港の一括民営化の優先交渉権者として北海道空港(HKK)や道内企業を含む17者のグループを選んだ。10月までに特別目的会社(SPC)を設立して実施契約を結び、2020年1月15日の7空港一体のビル管理から段階的に運営を移譲する。2次審査の提案内容と得点配分は8月以降明らかにするが、7空港個別の運営方針や全体計画、運営権対価などほぼ全ての項目で同グループが上回っていたもようだ。

関連キーワード: 国交省 空港

インヴィンシブル投資法人 道内のホテル8物件を取得 

2019年07月02日 07時00分

 不動産投資信託のインヴィンシブル投資法人(本社・東京)が、同法人の委託資産運用会社を通じて「ホテルマイステイズ札幌アスペン」など道内8物件のホテルを366億8400万円で取得すると発表した。ホテル運営、名称はこれまでと変わらない。

関連キーワード: ホテル

オホーツク21世紀を考える会が冊子で歴史的建造物紹介

2019年06月29日 16時00分
オホーツク21世紀を考える会が冊子で歴史的建造物紹介

 オホーツク21世紀を考える会ニュービジネス委員会は、富里ダムや旧国鉄北見相生駅駅舎、北見ハッカ記念館などオホーツク地域の歴史的な建造物を紹介する冊子「オホーツクの建造物 ダム・橋梁・交通・歴史的建物ほか」を発行した。

関連キーワード: オホーツク 歴史的建造物

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,073)
JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (1,969)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,866)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,461)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,417)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。