ほっかいどう

日高線レール復旧で一部再開を JR側に日高町村会が提案

2018年02月08日 19時00分
日高線レール復旧で一部再開を JR側に日高町村会が提案

 日高管内の7町長とJR北海道の西野史尚副社長は7日に浦河町総合文化会館で、災害により2015年から鵡川―様似間が不通となっているJR日高線について意見交換した。町長らは、列車運行区間を日高門別駅まで延ばすとともに、被災していない静内―様似間でも列車運行する方策を提案。将来的には、デュアルモードビークル(DMV)を日高門別―様似間で運用し、日高線の全線開通につなげるべきと主張した。

関連キーワード: 災害 鉄道

林業担い手確保の取組(上) 知内モデル構築までをたどる

2018年02月08日 13時00分
林業担い手確保の取組(上) 知内モデル構築までをたどる

 2017年度は転職5人、18年度は新卒3人―。知内町林業担い手確保推進協議会の取り組みが、新規就業者獲得という最良の成果で終わろうとしている。18年度からは道が「知内モデル」として構築した町、企業、学校からなる地域のつながりや担い手確保のノウハウを町が引き継ぎ、新体制で活動を展開する。協議会が設立された16年度からの2年間の活動を追った。(函館支社・福本 優香記者)

「大東」提案受ける 新幹線札駅ホームで高橋知事が言及

2018年02月07日 19時15分

 高橋はるみ知事は7日、定例記者会見で北海道新幹線の札幌駅ホーム位置の問題について言及した。従来の東側案から、創成川をまたいでホームを設置する「大東案」について、JR北海道と鉄道・運輸機構から近日中に説明を受けることを明らかにした。

関連キーワード: 新幹線

作家の桜木さんらが図書館・文学館の開館祝う 釧路市

2018年02月05日 19時00分
作家の桜木さんらが図書館・文学館の開館祝う 釧路市

 釧路市は3日、北大通の新釧路道銀ビル3―7階に移転した釧路市中央図書館・釧路文学館の開館式典を開いた。釧路市出身の直木賞作家桜木紫乃さんらがテープカットし、新たな門出を祝った。

木育やキャンプ 恵庭の北清建設が社有林で交流活動

2018年02月04日 09時00分
木育やキャンプ 恵庭の北清建設が社有林で交流活動

 「薪(まき)ストーブのある家づくり」を進める提案型住宅の北清建設(本社・恵庭)は、地域の自然と人とつなげる社有林「北清の森」を育てている。ストーブに必要な薪を得るために購入した森が、薪を割る施主や自然を学ぶ地元の園児たちのにぎわいの場に変わった。薪ストーブをきっかけに、家づくりから地元の里山づくりへを展開している。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • web企画
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,181)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,390)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,969)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,807)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,172)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。