企業・団体

里塚復旧など3件が受賞 土木学会道支部20年度の技術賞

2021年04月29日 10時00分

 土木学会北海道支部(島村昭志支部長)は16日、2020年度技術賞を発表した。受賞したのは「胆振東部地震により被災した札幌市清田区里塚地区における市街地復旧事業」「千歳川遊水地群」「羽幌港における離島フェリー動揺対策」の3件。5月14日午後3時から札幌ガーデンパレスで開く総会で表彰する予定だ。

関連キーワード: 土木 河川 港湾 災害

アカプラのバーチャル空間を公開 大日本印刷

2021年04月28日 15時00分
アカプラのバーチャル空間を公開 大日本印刷

 大日本印刷(DNP)は26日、札幌市北3条広場(アカプラ)のバーチャル空間「PARALLEL SAPPORO KITA3JO」を公開した。イベントや観光を楽しめて、いつでも誰でも入れる空間だ。東京五輪マラソンに向けて計画される5月5日のテストイベントでも、入賞者の記者会見などの中継や展示ブースを楽しめる予定だ。

関連キーワード: さっぽろ圏 新技術

「無印良品の家」道内初進出🔒 

2021年04月28日 13時00分

 この記事は北海道建設新聞2021年4月27日付1面に掲載されました。閲覧は新聞本紙か、e-kensinプラスの記事検索コーナーをご覧ください。

関連キーワード: 十勝 本紙見出し

北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備計画 

2021年04月27日 10時00分

 北広島市と日本エスコンは、JR北広島駅の西口周辺エリア活性化整備計画をまとめた。北海道ボールパークFビレッジ(BP)の2023年3月開業、駅西口周辺エリア活性化という2つのきっかけを通して、多くの人がまちに関わりや愛着を持つ「みんなにとってのホームタウンに」という目指す姿を掲げた。

大樹を宇宙産業都市へ 「スペースコタン」設立

2021年04月26日 15時00分
大樹を宇宙産業都市へ 「スペースコタン」設立

 大樹町と北海道航空宇宙企画株式会社(HAP)は21日、札幌市内でロケット射場の運営管理会社「SPACE COTAN」の設立を発表した。社長兼CEOに就任した小田切義憲氏は「射場ビジネスだけに特化せず、宇宙港と宇宙産業を核とした、宇宙産業都市の拡大を図りたい」と展望を語った。

関連キーワード: 十勝 宇宙

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.1k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1.1k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。