工事・計画

軟式球場を硬式用に 札幌市が19年度に改修候補絞り込み

2018年11月01日 08時00分

 札幌市スポーツ局は札幌円山、麻生に次ぐ3番目のアマチュア向け硬式球場新設について、2019年度にも事業化を判断する方向で検討を始めた。軟式球場を硬式球場へ改修して新球場を確保する方針で、19年度は改修候補となる球場を絞り込む考え。事業化を判断した場合は、基本計画策定など必要な手続きに入り、最速で20年度の事業着手を目指す。

関連キーワード: スポーツ

日本ハム新球場 北広島市内建設が正式決定

2018年10月31日 19時00分
日本ハム新球場 北広島市内建設が正式決定

 日本ハム(本社・大阪)は10月31日の取締役会で、北海道日本ハムファイターズの本拠地球場を北広島市内に建設する方針を正式に決めた。新球場のコンペは、スポーツ施設を手掛ける米国の設計事務所と組む大林組が通過したとみられる。2020年5月に着工し、23年3月の開業を目指す。

新国際線ターミナルビル11月22日供用開始 旭川空港

2018年10月31日 12時00分
新国際線ターミナルビル11月22日供用開始 旭川空港

 旭川空港ビル(本社・東神楽、西川将人社長)は29日、旭川空港ビル旅客ターミナルビル国際線増築の竣工式を現地で開き、空港ビルや施工業者ら関係者が新施設の完成を祝った。供用開始は来月22日を予定。国内線専用となる現ターミナルは22日以降、商業スペースを拡充するリニューアル工事に着手し、来年9月のグランドオープンを目指す。

関連キーワード: 空港 道北

八雲町学校給食センター 延べ1600m²で19年度改築

2018年10月30日 15時00分
八雲町学校給食センター 延べ1600m²で19年度改築

 八雲町は2019年度、学校給食センター改築の着工を予定している。新施設の規模はRC造、2階、延べ1600m²程度。年度内に実施設計をまとめ、上半期にも主体、電気、機械などに分割して一般競争公告し、20年8月の夏休み明けの供用開始を目指す。概算工事費は機器類を含め14億円余りとなっている。

関連キーワード: 学校 道南

南14西16の土地取得 テーシーコア 活用策を検討中

2018年10月30日 07時00分

 不動産賃貸などを手掛けるテーシーコア(札幌市中央区大通西12丁目4の78、辻忠和社長)は、札幌市中央区幌西地区の敷地約500m²を取得した。複数の事業案から決め、有効活用を図る予定だ。

関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (4,835)
JR苗穂駅新駅舎が開業 橋上化、再開発動きだす
2018年11月17日 (4,096)
札幌駅北口8・1再開発特定代行者 大成・伊藤JVを選定
2018年11月14日 (3,340)
江別蔦屋書店オープン 飲食など17テナントが出店
2018年11月21日 (2,374)
富良野道路が開通 北の峰トンネルなど難工事克服
2018年11月26日 (2,202)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第148回は「血が下がる」。アルコールは血圧を急に下げる原因にもなります。盛り場でもお気をつけを。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。

連載 エンジン01in釧路 市民向け講座からnew

北海道150年を支えた偉人
釧路公立大で開かれた市民向け講座を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。