工事・計画

来年早々に基本設計案取りまとめ 旭川市新庁舎

2018年11月21日 07時00分

 旭川市は、新庁舎建設の基本設計案を来年早々に取りまとめる考えだ。当初は6月中の成案を目指していたが、パブリックコメントで配置に関する反対意見が挙がったことなどにより、見直しが必要と判断。現在は3つの見直し案からの絞り込みを進めている段階で、来月3日に開かれる市議会総務常任委員会に選択した案を提示する見通しだ。

関連キーワード: 庁舎 道北

南1西12に店舗用地 北海道信金が560m²を取得

2018年11月19日 07時00分
南1西12に店舗用地 北海道信金が560m²を取得

 北海道信用金庫(札幌市中央区南2条西3丁目15の1、前田繁利理事長)は、札幌市中央区南1条西12丁目の土地約560m²を取得した。将来的な店舗の移転や新設などの予定地として位置付けている。

関連キーワード: さっぽろ圏

新火葬場は延べ1300m² 伊達市 基本計画案まとめる

2018年11月18日 16時00分

 伊達市は、平口建設・早坂商会・望月電設工業共同体が設計施工一括で進めている火葬場整備事業の基本構想案と基本計画案を取りまとめた。新火葬炉の炉数は3基を計画。ユニバーサルデザインの採用や、周辺景観と調和する外観とすることなどを盛り込んでいる。

関連キーワード: 市町村行政 道南

サッポロオリンピアボウル 建替含め耐震化検討

2018年11月18日 07時00分

 苗穂エステート(札幌市中央区北1条東12丁目316の4、中村克彦社長)は、サッポロオリンピアボウルの耐震化を検討している。築47年で老朽化が進んでいるほか、耐震性不足を重要課題と受け止め、建て替えを含む複数案から方針を定める考えだ。

関連キーワード: さっぽろ圏

手稲前田で宅地分譲 3万m²に113区画 道セキスイハイム

2018年11月17日 07時00分

 北海道セキスイハイム(札幌市北区北14条西4丁目2の1、久宗弘和社長)は、札幌市手稲区前田7条11丁目の約3万m²の土地を取得し、113区画の宅地分譲に乗り出す。造成は三江開発に依頼し、15日に着工、2019年8月10日に完了する見込み。12月中に販売を開始し、2年での完売を目指す。

関連キーワード: さっぽろ圏 住宅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,775)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,400)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,918)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,770)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,346)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。