工事・計画

遠軽町「いわね大橋」本復旧へ 橋脚1基新設、桁は再利用

2018年11月04日 07時00分
遠軽町「いわね大橋」本復旧へ 橋脚1基新設、桁は再利用

 ことし7月に発生した豪雨で、上部がV字に折れ曲がった遠軽町内の道道遠軽芭露線いわね大橋。車両通行が規制されてから間もなく4カ月となるが、公共土木施設災の12次査定で復旧額が決定し、道建設部による早期復旧に向けた準備が着々と進んでいる。これから始まる本復旧工事では、橋脚1基を新設する計画だが、上部については橋桁を再利用する予定だ。

関連キーワード: 北海道庁 災害 道東

「花ロードえにわ」隣接地に宿泊施設 積水ハウスが整備

2018年11月03日 07時00分

 恵庭市は、パークPFIにより公募していた、花の拠点内での宿泊施設の整備・運営者の最優秀提案者を積水ハウス(本社・大阪)に決めた。RC造、4階、延べ3944m²の宿泊施設の整備を提案している。2019年4月ごろ着工し、花の拠点がオープンする20年度中の供用開始を目指す。

関連キーワード: さっぽろ圏 ホテル 観光

軟式球場を硬式用に 札幌市が19年度に改修候補絞り込み

2018年11月01日 08時00分

 札幌市スポーツ局は札幌円山、麻生に次ぐ3番目のアマチュア向け硬式球場新設について、2019年度にも事業化を判断する方向で検討を始めた。軟式球場を硬式球場へ改修して新球場を確保する方針で、19年度は改修候補となる球場を絞り込む考え。事業化を判断した場合は、基本計画策定など必要な手続きに入り、最速で20年度の事業着手を目指す。

関連キーワード: スポーツ

日本ハム新球場 北広島市内建設が正式決定

2018年10月31日 19時00分
日本ハム新球場 北広島市内建設が正式決定

 日本ハム(本社・大阪)は10月31日の取締役会で、北海道日本ハムファイターズの本拠地球場を北広島市内に建設する方針を正式に決めた。新球場のコンペは、スポーツ施設を手掛ける米国の設計事務所と組む大林組が通過したとみられる。2020年5月に着工し、23年3月の開業を目指す。

新国際線ターミナルビル11月22日供用開始 旭川空港

2018年10月31日 12時00分
新国際線ターミナルビル11月22日供用開始 旭川空港

 旭川空港ビル(本社・東神楽、西川将人社長)は29日、旭川空港ビル旅客ターミナルビル国際線増築の竣工式を現地で開き、空港ビルや施工業者ら関係者が新施設の完成を祝った。供用開始は来月22日を予定。国内線専用となる現ターミナルは22日以降、商業スペースを拡充するリニューアル工事に着手し、来年9月のグランドオープンを目指す。

関連キーワード: 空港 道北

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,181)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,389)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,968)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,805)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,172)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。