工事・計画

札幌・南22西10のパーラー太陽モイワ店跡2900㎡は活用未定🔒

2020年02月17日 09時00分

 この記事は北海道建設新聞2020年2月14日付2面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページをご覧下さい

関連キーワード: さっぽろ圏 本紙見出し

旧日本郵船小樽支店改修事業費を2.6億円増額 小樽市

2020年02月16日 10時00分

 小樽市は、重要文化財旧日本郵船小樽支店[MAP↗]大規模改修に設定していた継続費の年割り額と期間を変更する。総事業費は2億5880万円増の8億6346万8000円、事業期間は2年延長して2018―23年度とした。工期は変わらず36カ月。7月上旬に着工したい考えだ。

関連キーワード: 後志 歴史的建造物 耐震

日高自動車道大狩部トンネルが貫通

2020年02月15日 10時00分
日高自動車道大狩部トンネルが貫通

 日高自動車道大狩部トンネルの貫通式が10日、新冠町内の現地で開かれた。施工する鹿島・宮坂建設工業共同体が主催。発注者の室蘭開建や地元自治体などを合わせ約170人が集まり、無事貫通を祝った。

関連キーワード: トンネル 日高 道路

JR北が業務ビル新築を断念 社外からの批判強く

2020年02月14日 14時00分

 JR北海道は本社ビル(札幌市中央区北11条西15丁目1の1)の隣接地[MAP↗]に業務ビルを新築する計画を断念した。経営再建中に大型投資をして新ビルを建てることに社外からの批判が強かったため。13日の記者会見で島田修社長が発表した。具体的な内容は明かせないとした上で「当社としては合理的な計画と考えていたが、予想を上回る批判があった」と述べた。

関連キーワード: 企業 建て替え

来場者増へ環境整備 帯広市のばんえい競馬運営見直し案

2020年02月14日 13時00分

 帯広市は、ばんえい競馬運営ビジョンの見直し案をまとめた。北海道の文化的な遺産や地域を盛り上げる財産として、世界で唯一帯広にしかないばんえい競馬を今後も存続させていくため、帯広競馬場[MAP↗]の環境整備などを通じて収入や来場者の増加を図る方針。老朽化が著しい厩舎(きゅうしゃ)の建て替えを継続していくほか、来場者の満足度向上に向けた施設充実も検討している。

関連キーワード: スポーツ 十勝

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,989)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,719)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,567)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (2,003)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,936)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。