工事・計画

木古内町、元瓜谷橋架け換えの初弾工を年度明け指名

2024年02月22日 16時18分

 木古内町は、木古内川に架かる元瓜谷橋架け換えの初弾工を年度明け早々にも指名通知する。用地買収費なども含む総事業費は6億6000万円で、2024―26年度の3カ年での施工を見込む。24年度予算案には工事費2億1000万円を計上。現橋の一部撤去や新橋の橋脚施工などを1件にまとめ、4月中旬にも入札する考えだ。

関連キーワード: 橋梁 渡島

ブランチオフィス、ツルハドラッグ福井3丁目店を新築🔒

2024年02月22日 07時00分

北海道建設新聞2024年2月21日付2面に掲載。記事は「e-kensinプラスDoKoDe 北の羅針盤ジャーナル」で読むことができます。

関連キーワード: さっぽろ圏 店舗 新築 本紙の見出し

根室市が総合体育会館新築の建設予定地を柏陵中跡に決定

2024年02月21日 16時54分

 根室市は、新築する仮称・総合体育会館の建設予定地を旧柏陵中跡地に選定した。規模はアリーナや武道場、プールなどを合わせて延べ1万m²程度を想定する。2024年度予算案に基本計画、基本設計費6579万5000円を計上。詳細な規模や配置などを固める。

関連キーワード: スポーツ施設 根室

岩見沢市、西20丁目通Ⅱ期工区に53億円 延長780m

2024年02月21日 16時21分

 岩見沢市は2024年度、市街地の西側郊外から国道12号までをバイパスする3・4・39西20丁目通の都市計画街路新設のⅡ期工区整備に向け、用地購入や支障物件移転補償などに取り組む。概算事業費は53億円を試算。北3通―4条通(道道岩見沢月形線)間の延長780mで、市道から道道への昇格を目指し、26年度の着工、33年度までの工期を見込む。

関連キーワード: 空知 道路

釧路市旧丸ト北村ビル解体へ 市が24年度予算で費用補助🔒

2024年02月21日 07時00分

北海道建設新聞2024年2月19日付2面に掲載。記事は「e-kensinプラスDoKoDe 北の羅針盤ジャーナル」で読むことができます。

関連キーワード: 本紙見出し 解体 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,692)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,518)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,477)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,273)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,107)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。