工事・計画

棒二森屋店の跡地整備・活用 イオンが商業棟新設案

2018年10月19日 19時00分

 2019年1月末に閉店する棒二森屋店の跡地整備・活用に関し、イオン(本社・千葉)は商業スペースを独立させ、新たに3階建ての商業棟を設けるプランを構想している。当初計画より商業・公益ゾーンを拡充させ、集客力に懸念を持つ地元の声を一定程度反映させる考え。マンション棟は20階以上の高層化を想定し、ホテル棟と合わせて3棟構成を基本とする。

関連キーワード: ホテル マンション 商業 道南

空知川幾寅地区の連携防災事業が19年度から本格化へ

2018年10月19日 12時00分
空知川幾寅地区の連携防災事業が19年度から本格化へ

 札幌開建は、空知川南富良野町幾寅地区で取り組んでいる地域連携防災事業を2019年度から本格化させる。16年8月に起きた台風による洪水で甚大な被害を受けた同地区の水防能力のさらなる強化を図る事業で、河道掘削や堤防拡幅などを計画。河道掘削は18年度から一部着工しているが、堤防拡幅は来年度から取り掛かる予定だ。このほか、緊急復旧用の資材などを備蓄する河川防災ステーションの整備も構想している。

関連キーワード: 河川

道職能大実習場建替へ 高齢障害求職者雇用支援機構

2018年10月19日 07時00分

 高齢障害求職者雇用支援機構(本部・千葉)は、小樽市銭函3丁目にある北海道職業能力開発大学校の実習場建て替えを計画している。2018年度は綜企画設計(本社・東京)で設計を進めていて、19年度の着工を予定している。

関連キーワード: さっぽろ圏 人材育成

貨物引き込み線などで物流強靭化推進 苫小牧港の長期構想

2018年10月18日 15時00分

 官民の港湾関係者らでつくる苫小牧港長期構想検討委員会は、北海道胆振東部地震を踏まえ、物流の強靱(きょうじん)化推進などを盛り込む方針だ。具体的には北海道スマートポート、北海道フードポート、北海道レジリエンスポートの3項目を加える。

関連キーワード: 港湾 物流

下川町でチョコレート製造へ 旧一の橋小を工場に改修

2018年10月16日 16時00分
下川町でチョコレート製造へ 旧一の橋小を工場に改修

 下川町は、久遠チョコレートなどと自治体SDGsモデル事業を展開するため、旧一の橋小をチョコレート工場へ改修する。校舎棟のうち旧職員室、校長室、保健室を4―5人がチョコレート製造に従事する施設に改修する意向で、11月下旬に実施設計を仕上げた後、12月までに工事を発注し、来年3月中旬までに完成させる見通しだ。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,245)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,226)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,594)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,548)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,530)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。