統計・データ

10%減、244億円受注 後志管内土木3官庁6月末工事実績

2022年08月03日 16時20分
10%減、244億円受注 後志管内土木3官庁6月末工事実績

 後志管内土木3官庁(小樽開建、小樽建管、後志総合局農村)の2022年度第1四半期(4―6月)業者別工事受注実績が本紙集計でまとまった。前年度同期より5者少ない103者が9.9%減の244億9537万円を受注。トップは吉本組で10件、16億9385万円を積み上げた。

関連キーワード: 後志

【速報】22年度第1四半期ゼネコン受注高ランキングは257億円の大成建設が首位

2022年08月03日 15時00分

 2位以下は、中山組、岩田地崎建設、砂子組、宮坂建設工業、岩倉建設の順

関連キーワード: ゼネコン道内受注高

【速報】来春の就職予定高卒者の「建設・採掘」希望は276人

2022年08月01日 16時59分

関連キーワード: 人材確保

最大13.4万棟 日本・千島海溝沿い巨大地震道内被害想定

2022年07月28日 15時00分
最大13.4万棟 日本・千島海溝沿い巨大地震道内被害想定

 道は28日、道内市町村における日本海溝・千島海溝沿い巨大地震の被害想定を公表した。最も被害が大きいと見込まれる冬・深夜では、建物全壊棟数が千島海溝モデルで5万1000棟、日本海溝モデルで13万4000棟と推計。対象となる38市町ごとの建物被害(千島、日本海溝どちらか被害が最大となる場合)を見ると、函館市が4万8000棟で最も多く、釧路市の2万7000棟、登別市の1万4000棟が後に続く。被害の要因としてはいずれも津波が大半を占めている。

関連キーワード: 北海道庁 災害・防災

胆振日高管内土木3官庁22年度6月末工事受注実績

2022年07月26日 16時00分
胆振日高管内土木3官庁22年度6月末工事受注実績

 胆振・日高管内土木3官庁の2022年度第1四半期(4―6月)業者別工事受注実績が本紙集計でまとまった。147者が前年度同期比24.3%減の338億1856万円を受注。首位は岩倉建設で、17億4215万円を積み上げた。上位20者のうち、10億円を超えたのは6者減の8者、管内業者は増減なしの16者だった。

関連キーワード: 日高 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,221)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,120)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,743)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,517)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,513)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。