統計・データ

利用困難な空き家275戸 岩見沢市17年実態調査

2018年01月11日 15時00分

 岩見沢市は、昨年実施した空き家実態調査の結果をまとめた。対象は過去1年間に水道が使われなかった住宅1628戸で、空き家は867戸、そのうち破損しているものが275戸あることが判明。今月中にも空き家等対策審議会を開き、この結果などを踏まえながら、2018年度に策定する空き家対策計画の内容を検討する。

17年道内企業 倒産277件で5年ぶり増 東京商工調べ

2018年01月10日 08時30分

 東京商工リサーチ北海道支社が9日発表した北海道地区の企業倒産状況によると、2017年の倒産は前年より9件多い277件となり、5年ぶりに増えた。水揚げの減少で水産関連企業の倒産が目立った。12月に280億円の負債を出して倒産した小樽ベイシティ開発(小樽)が加わったため、負債総額も増加に転じ、11.6%増の705億4100万円となった。

関連キーワード: 景気動向

木材需給回復723万m³ 道水産林務部が16年度まとめ

2018年01月09日 19時06分

 道水産林務部は2016年度の木材需給実績をまとめた。全体需給は15年度比5.6%増の722万8000m³と、3年ぶりに前年度を上回った。需要では「合板等用」が2割伸び、「製材用」「パルプ用」も増加。供給実績では道産材、輸入材ともに伸び、道産木材自給率も1.8ポイント増の58.3%となった。

4年ぶりの増加を予測 17年度の道内アス合材生産

2017年12月21日 09時00分
4年ぶりの増加を予測 17年度の道内アス合材生産

 2017年度の道内アスファルト合材生産量は、国道274号日勝峠の復旧工事などを要因に4年ぶりの増加に転じそうだ。北海道アスファルト合材協会の調べによると、4―10月の累計は191万4486㌧で前年同期比16%増。残り5カ月の生産量を過去最低だった15、16年度水準で当てはめて類推しても260万㌧は超えるとみられ、前年度割れは避けられる見通し。一方で18年度以降は日勝峠など特殊要因が少なくなることから、再び厳しい事業環境が懸念されている。

BSI2期連続プラス 道財務局10―12月期景気予測調査

2017年12月12日 15時00分

 北海道財務局が11日発表した2017年10―12月期の法人企業景気予測調査結果によると、全産業の景況を表す景況判断BSIは前期を6.6ポイント下回る2・5となったが、2期連続のプラスを維持した。16年の台風の影響で不作だった作物の収穫量が回復し、食料品をはじめとする製造業の上昇幅が大きかったため、全体を押し上げる結果となった。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • web企画
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,232)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,223)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,574)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,527)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,510)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。