統計・データ

16%減の24・2万m² 上川管内上半期建築物着工床面積

2018年11月07日 15時00分

 上川管内の2018年度上半期(4―9月)建築物着工床面積は、前年度同期比16.1%減の24万2054m²に上っている。23市町村のうち、士別や名寄、美瑛など9市町で前年度同期を上回った。構造別では木造が9.5%増の15万8441m²と全体の約65%を占め、S造が53.1%減の5万6351m²、RC造が16.8%減の1万9357m²と続いている。

関連キーワード: 建築 道北

上半期首位はフジタ、300億円超 ゼネコン受注高

2018年11月05日 07時00分

 北海道建設新聞社は、2018年度上半期(4―9月)のゼネコン道内受注高ランキングをまとめた。首位は、第2四半期(7―9月)にニセコ地区の超大型リゾート開発案件を計上し、唯一、300億円台に乗せたフジタ。調査の集計方法を暦年から年度に変更した07年度以降、各四半期集計でトップに立つのは初で、上半期で300億円を超えた企業も初めて。2位は、17年度上半期まで5年連続首位だった岩田地崎建設。3位は過去最高の受注額となった中山組で、4位の大林組までが200億円以上の受注額となっている。

建設業は賞与・賃金上昇 日銀釧路の企業調査結果

2018年11月04日 16時00分

 日銀釧路支店は、道東管内主要企業の2018年度夏季賞与と賃金に関する調査結果をまとめた。建設業は1人当たりの夏季賞与平均支給額が前年度比1.1%増、18年度の平均賃金が2.4%増と非製造業の中では伸び率が高くなっている。

関連キーワード: 道東

工場立地6件増の15件に 上半期道内製造業等調査結果

2018年10月31日 18時00分

 北海道経済産業局が30日発表した工場立地動向調査結果(速報)によると、2018年上半期(1―6月)の道内製造業等工場立地件数は、前年同期を6件上回る15件だった。食品製造などの立地が増えたことが要因。一方、面積は3・3ha減の11・6haとなっている。

加算点が落札の決め手に 勲祢別橋上部の総合評価結果詳細

2018年10月19日 15時00分

 帯広開建が9月27日に開札したWTO対象工事の道横断道陸別町勲祢別橋上部の結果詳細が明らかになった。落札した宮地エンジニアリングは、入札価格は4番札の6億600万円(税抜き)だったものの、総合評価の加算点が5つの評価項目のうち4項目満点で60満点中56・3点を獲得し、入札価格と総合評価の点数を組み合わせた評価値でトップに。加算点の点数が落札の決め手となった。

関連キーワード: 入札情報

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,446)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (3,850)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,770)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,287)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,996)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。