ほっかいどう

小樽ベイ 民事再生法適用申請 ルネッサンス社が事業継承

2017年12月07日 19時01分
小樽ベイ 民事再生法適用申請 ルネッサンス社が事業継承

 小樽市内の大型商業施設ウイングベイ小樽を運営する小樽ベイシティ開発(OBC、小樽市築港11の5、橋本茂樹社長)は7日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請した。ルネッサンスキャピタル(本社・東京)が運用するファンドがこのほどスポンサーに就いたため、同施設は申し立て後も通常通りの営業が担保された。一般取引先、テナントの債権も同ファンドが全額保護。OBCの事業は、これから設立されるファンドの子会社に承継されることになる。

宗谷第1号の「北海道みらい事業」登録 稚内北星学園大

2017年12月06日 19時04分

 稚内北星学園大宗谷地域研究所が取り組む宗谷本線と天北線のヒストリー&ストーリー可視化プロジェクトが、宗谷管内第1号の北海道みらい事業に登録された。宗谷本線と天北線の路線の変遷、鉄路展開に伴う土地利用や地域産業の変化を地図上で映像などを使って可視化する。

関連キーワード: 鉄道

ロープ駆使して橋梁点検 RA技術の取得に挑戦

2017年12月05日 12時00分
ロープ駆使して橋梁点検 RA技術の取得に挑戦

 デスクワークから忍者のような点検士に一変―。ロープを使って自由自在に移動する特殊技術「ロープアクセス(RA)」。高所や難所など、これまで直接対象物に触れることが困難だった場所にもアクセスでき、より高精度な点検調査ができる。建設コンサルタントのアイ・ティ・エス(本社・札幌)で、道内でもまだ数少ないRAを駆使した橋梁点検に女性技術者の清野郁恵さんが挑んでいる。

関連キーワード: けんせつ小町 企業

鉄路廃止反対掲げる 留萌市長選に庄司氏が立候補表明

2017年12月04日 19時00分
鉄路廃止反対掲げる 留萌市長選に庄司氏が立候補表明

 元NHK記者の庄司清彦氏が4日、留萌市役所市政記者室で、来年2月に予定されている留萌市長選挙への立候補を表明した。社会資本整備については、岩手県紫波町の複合施設オガールを例に「どこに重点的に投資をするかは市民との対話により決めるが、人が集い市民が楽しめるような施設に投資をしたい」と展望を語った。

旭日重光章受章の伊藤義郎氏 多大な功績たたえ祝賀会

2017年11月30日 15時00分
旭日重光章受章の伊藤義郎氏 多大な功績たたえ祝賀会

 伊藤組土建取締役名誉会長の伊藤義郎氏の「旭日重光章受章記念祝賀会」が28日、京王プラザホテル札幌で開かれた。伊藤氏とゆかりのある関係者300人近くが全道各地から出席し、多大な功績をたたえるとともに、さらなる活躍に期待を寄せた。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,080)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,419)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,399)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,257)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,248)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。